スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【雑記】SchoolDaysをみましたよ。
カテゴリ: 雑記
そんなわけで、思いつきでSchoolDays全12話を二日かけてみましたよ。
いやぁ、なんてーの、「誠氏ね」発言できないや、あれ。あまりにもあんまりで。そんな簡単な言葉で終わらせていいもんかと思ったもん。ちなみに、「まだ見てないけどネタバレやだ」って人は見ないでね。

あのね、ちょうどSchoolDays第12話の放送中止が決まったニュースは見た記憶があって(2007年の9月末くらい)、そのときは「残虐なお話をよー作ったねぇ」としか思わなかったの。まあ、それから時が経ちまして、いろんな条件が重なり、「見なきゃならんだろう」ということになったので見たんですよ。

いくつかお話のターニングポイントってあると思うんだけど、話の中で重要な鍵を握ってるなあ、と思うのが、西園寺世界さんかなあ、と。
結果、誠を巡っていろんな人が「自分に気を引かせようとする」のに対して、誠が「その場の気分」で対応していくもんだから、かなり問題になっていく訳ですよ。誠君、中途半端にモテるからねえ。きっと、私みたくモテなかったら、殺されずに済んだと思うぞ(笑)。
まあ、決定的なのは「言葉さま」「世界さん」との三角関係でしょう。エンディング曲の「ワルツ」がまあ染みる染みる。

あれだよね、これ、どうしてもオチを語らないと気が済まなくなっちゃったんだけど、アニメを見るまでは「世界さんが殺されるシーン」が怖いと思ってたのね。ところが、いざ見てみると、一番印象的(ショッキング)だったのは「世界さんが殺すシーン」だったの。
結局、言葉=誠というカップリングになった結果、一人残されてしまった世界さんが、衝動的になって誠を殺してしまうシーン。
1話から、世界さんの動きを見ていて(そこに感情移入していて)、あの行動に走ってしまう姿を見ていると、あまりにも切なすぎるのですよ。「あの状況をなんとかできんかったのか」と。

案外残りますよ、あのアニメは。
(見たのが土曜日深夜、この原稿は月曜から火曜日にかけて書いていますが、あのシーンが一番悲しすぎて。アニメの世界の中にいたら、止めにかかりたくなる感じ)

そんな状況なもんで、非常に「空気が淀んで」おります。忘れてたもん、「Gift」見るの(爆)。

…ね、私は世界さんに恋をしたのかしら(笑)。
その表現があながち間違いじゃないから、よけいあの世界さんのメッタ刺しが見ていてつらい。
…今の私なら、なんとかできるかもしれないけど、高校のときの私は、もしかするとあの誠みたいなことになっていないとも言えないしなあ…。それ考えると、単純に誠を責められないし。

…そんなわけで、3年前のアニメを引っ張りだしてみた訳ですが、今の私はメッタ刺しがトラウマになっている状態なのでした。頼むよぉ。
編集 / 2010.07.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【JR東日本】最近の記念乗車券の話題。
カテゴリ: 雑記
そういえば、最近オレンジカードを全く見かけなくなりましたが、その代わりに記念乗車券や入場券を発売する事が増えた気がします。特に、1000円高速が始まってからは、それが顕著なような気がします。

まあ、その理由がおなじみJR東日本八王子支社だからなのか、それは定かではないのですが。

ふと気になったのが、火曜日のよる。
我が地元の駅に着くと、「川越線開業○周年記念入場券発売!」って書いてあるんですよ。そんなに興味がわいていないので(個人的にはむしろ伊勢崎線開業100周年記念の方が気になった…ってそれは別の話ね)、詳細情報をほとんど覚えていないのですが、発売駅に「高麗川駅」ってでかでかと書いてあったり、なんか記念品をつけてたりしたのは印象にあるんですよ。

で、ふと思ったのが「売り上げノルマかなぁ」と。

まあ、ご存知のように1000円高速が始まったあたりから収入減が発生しているJR各社ですよ。そんなころから、少しずつ記念入場券とかの発売が始まったかなあ、と。
八王子支社はなんかすごくて、201系がらみで「入場券ラリー」とかやってましたし(でも、記念品の引き換え列はすごかったなあ)。

昔からご存知の方はお分かりの通り、「八王子支社だけ」は敵対心丸出しなので(爆)、湘南新宿ラインのグリーン車には乗るのに、中央ライナー&青梅ライナーには全く乗らない、というこのわかりやすい態度(もっとも、乗車するタイミングに走っていないから、なのですけど。立川までだったらもったいないし)。

個人的には、同じお金があるんだったら、せめて京成の方にお金を投じましょうよ、と(この発言は非常に趣味丸出しだと思うけど)。あれだ、スカイライナープラレール買っちゃおうかな♪
(やっぱり趣味丸出しだなあ)

そんなわけで、…まあいいんですけど(興味をださないようにしてるから…笑)。
それにしてもまあ、最近鉄道むすめ以外の支出をほとんどしてないなあ…。
編集 / 2010.07.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【茨城】5年前の記憶を思い返す。
カテゴリ: 雑記
6/6に行われた「萌酒」のイベントで、さりげなく参加していた「石岡酒造」の商品「いしおか「恋瀬姫」」なる商品。
確か、「恋瀬姫」というか「恋瀬橋」って昔の民話に基づくものなんだよね、って思い出したのですけれどね。…キャラクターには物語が重要、って話は十分生きそうなんだけどね。
でも、どんな話だったけ、うーん。

そう、なぜそんな話を知っているかと言えば、5年前、私と石岡にはつながりがあったからなのでした。

石岡から鉾田までを結んでいた鹿島鉄道と石岡市の活性化と鉄道存続のために、努力していた人がいました。
普段は石岡の商店街の中心でカフェを営み、時々沿線の常陸小川駅の貨物ホームで出張カフェをしていたその方。その出会いは、いろんな意味で忘れられない出会いとなったのでした。

2006年2月に鹿島鉄道が廃止を発表。4月には石岡南台駅でイベントを行ったりもしたのですが、最終的には廃止となってしまいました。
「かしてつ応援団」や廃止発表後に始まった地元住民の動きは比較的知られているはずですが、廃止前からこのような動きを見せていた、という事実はどれくらいの方が覚えているのか…。

商店街の中の酒屋さん(そう、ここも酒屋さんだった)にもお世話になりました。

2007年12月。
鹿島鉄道がなくなってからの石岡がどんな様子なのかを見に行く事にしました。
結論から言うと、これ以来茨城に行く事は皆無に等しくなってしまいました。
気づいたんですね、私はもう必要ない、ってことに。

もう茨城県もほとんど行っていません。唯一の例外は竜ヶ崎市に用事があったときと、ひたちなか海浜鉄道に乗るとき。あのエリアに行くと、どうしても鹿島鉄道を軸に成り立っていた人間関係が壊れてしまったときの悔しさと空しさ、無力感を思い出してしまうのですね…。

たまたま、今日思い立って今の石岡の様子を改めて検索してみました。
残っているお店、なくなっているお店…。最後に訪れてからもう3年近く。
でも、もう一回行ってみようか、と言われると、ものすごく躊躇する。

果たして、行く意味はあるのだろうか、と。

~~~
なんでね、こんな話を改めて書いたかというと、町づくりを成功させるのは大変だ、という事が一つ。いろんな人のいろんな考えがあるから、それを上手にすりあわせていけるだけの力が必要なのかなあ、と。
それと同時に、失敗してしまうと、大事なつながりを失う事にもなりかねないと思っているのですね。結果、私は石岡に行く意味を失ったんだけど、それは同時に「会うべき人がいなくなった」ってことだと思うのね。それがあまりにも寂しすぎる、って。

栗橋では同じ轍は踏まないぞ、と思いつつ、大切な仲間が増えつつあるから、できる限り応援していきたいなあ、と思うのです。そうじゃないと、絶対あとに続く街が出てこないから。
(「鉄道むすめ」でうまく行かなかった、となったら、それは鉄道むすめ、というシリーズ全体にも影響を及ぼすことになりかねない、と思っています。好循環にしていくためには、栗橋がまずうまく行かない事には始まらないぞ、と)
その背後には、こんな思いがあるんだ、って事をちょっととどめていただけるとうれしいです。

いつか、石岡にも行くきっかけができたらいいなあ、と思いつつ。
では、また。
編集 / 2010.07.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【テスト】ついったー連携対応を確認。
カテゴリ: 雑記
mixiとtwitterとアメーバなうを連動させようと言う壮大な作業をしており、そのテストでございます(これを投稿すると、それがtwitterに通知されて、さらにそれがmixiとアメーバに通知される、というすてきなシステム…のはず)。
まあね、そうやって今日は過ぎていくんですよ。仕事はどうした(笑)。
※ 仕事はしてるのでご安心を(笑)。

そんなわけで、これのタイトルが随所に乗るはずなんですけど。
(そして、どれに投稿したらスムーズにつぶやけるかがいまいちピンと来てないなう)

もう少し、試験運用しますね。ご報告まで。
編集 / 2010.07.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
81位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。