スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
聞き覚えのある曲がかかってるよ!
カテゴリ: そのほか・雑記
「ラブシャッフル」視聴中(笑)。
まあ、ご存知のように私がおそらく一番推している人、MAYUKO@ゆうまおさんが劇伴音楽を担当しているドラマで、見ながら「おお、聞き覚えあるよ」と思いながら見ております。本編じゃなくて、そっちが気になってしょうがないのな(笑)。

まあ、突然思い出すこともいろいろあるんですが、その中からこの話題。


そーいえば2006年初夏を境に全く手を付けなくなってしまったあのRailSimですが、wikipediaを見ていると気になる文章があったんですよねえ。

RailSim-wikipedia項目

下の方に「著作権に関する記述」があって、いったいどこからわいてきた話なのかは分からないものの、「実在する車輌を鉄道会社の許可を得ずに再現することは著作権法に抵触する」(wikipediaより)とあるのですよ。以下、読んでもらえればと思うのですが、気になったことがいくつかあって。

○車両=著作権?
→どうやら、これはあるらしい、というのが答えのよう(まあ、模倣されたらそりゃたまらんですから、納得はできるけど)。
○鉄道事業者に同意を得られるのか?
→個人的な雑感としては、事業者の解答は「黙認」or「同意しない」が答えなんじゃないかな、と。ネット上で不特定再配信があるのが「問題のポイント」なのですが(個人利用はセーフ、特定向けへの譲渡(複製)はグレー)、よっぽどの事情がない限りは同意しないでしょう。逆に「事実が分かったら」止めちゃうんじゃないかなあ、というケースがありそう。
○とすると?
→プラグインのサイトでの配布は困難、ということになってしまうのですね。

個人的に、その警告が「どこからどのような形で来たのか」が気になるのですが(発言元が著作者の場合は対応しなければいけないと思うのですが)、個人的にはあまりセコいこといわないでほしいなあ、という気がしたりするのでした。
(うん、一応こちらとしてはほら、これ以上改めてRailSimに携わるつもりはないので(多分もう作る腕はないよ…)、RailSimに関しては別段いいんですが、例えばこれがまかり通ってくると鉄道写真とか、そういうジャンルすらアウトじゃないですか。考え過ぎだとは思うんだけれど、それはあまりにも酷くないかなあ、とかね。…もっとも、そういうのを盾にすると「撮影禁止」の理由とかつけられるんですけどね。でも、それはあまりにもセコいよなあ…)

個人的にはせめて、もう少し寛大でいてほしいけれどね。
そんなことを思った、冬の夜でした。
スポンサーサイト
編集 / 2009.02.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
105位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。