スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
かしてつと新撰組と花火。
カテゴリ: TransprtNetwork特集
とりあえずメモ書き程度に、今日の結果(?)をまとめておきます。詳細な訪問記は(体力の都合上)明日以降公開したいと思います。


移動ルート
自宅→(立川・西国分寺・武蔵野・新松戸・常磐)→石岡→四箇村→東田中→玉造町→石岡→四箇村→玉造町→(新撰組パレード、あけっぱなし列車撮影)→常陸小川→石岡→(常磐・上野・神田・中央線・立川)→自宅
※ かしてつ撮影箇所は以下の通り。
四箇村、四箇村~常陸小川間、東田中(?)、玉造町、玉造町~浜間、石岡、常陸小川

今日の出来事一覧
・石岡駅かしてつホーム上の待合室で「鹿島鉄道」へのメッセージを掲げた看板がある(画像あり、ほかに常陸小川などにもあり)。
・武蔵野線103系に乗車。本当に数が減ったことを実感。
・常磐線103系は我孫子の車庫に止めてあった(運行されているかどうかは知りません)。
・かしてつの「新撰組号」はKR-502号車(赤帯)が担当。したがって、去年のKR-505号車(水色)担当とは異なるバージョン。
・玉造町子供会の貸し切り列車はKR-505号車(先頭のKR-501号車<紫>の後部に併結、501号車は通常の乗客が乗車)
・あけっぱなし列車は鉾田よりが431号車(緑)、石岡よりが432号車(朱)。
・新撰組に扮した人々のパレードになぜか感動。さすが「テーマ音楽」(笑)。
・ただ、パレードを見ているうちになんとなく「参勤交代」といったイメージを思い浮かべたのは私だけでしょうか(笑)。
・前述の「新撰組号」。車内は去年放送されていた当時のポスター+石岡や玉造町などが出身の新撰組ゆかりの人物を演じた役者の写真などが掲示されていました(ちなみに、18時過ぎに玉造町を出る石岡行きなどで運用されていました)。
・8/28のkafe@kybo主催の「常陸小川オープンカフェイベント」の詳細を聞いてきましたので、後述しておきます。
・常陸小川で夕食を調達後、折返し列車に乗車しようとしたら「反対の扉から乗ってね」と諭された(笑)。始発駅だから問題ない気がするんだけど、まあいいか(ちなみに、ワンマン列車は前乗り前降りだから、まずいのか!?)。
・当方の知り合いが先週石岡を訪ねていたらしく、フレッシュひたちの料金回数券2部を石岡・中町商店街の「しばのや」さんを介して譲り受ける。ちなみに、このおかげで石岡で30分待ちぼうけを食らうことなく(19:15発上野ゆきが運休)、21:40過ぎ、帰宅。

ということで、詳しくは改めて書いていきたいと思います。

8/28 常陸小川にオープンカフェ登場!
「1日限りのびやほうろ&かふぇinひたちおがわ」と題し、8/28の午前10時~午後6時の間行われます。内容はといいますと、
・常陸小川駅構内の旧貨物倉庫を使用。
・その貨物倉庫内でのんびりと「お茶」を楽しむことができます。
・オトナの方には茨城の地ビールもあります。
・また、DD901号車が留置されているとなりの線路(貨物側線)に気動車1両を停泊させ、その中でも飲食することが出来ることになりました。
・夕方からは、「表現舎 しゅわ~ど」による真夏の夜のライブ「第三夜」を上演。(「第一夜」「第二夜」は石岡・中町商店街のkafe@kybo with 久松商店にて開催)
・当日は、鹿島鉄道1日フリーきっぷ(大人1100円)の利用ができます。また、石岡~常陸小川間は大人370円です。
ということで、お近くの方もそうでない方も、かしてつの小さな気動車に揺られながら、常陸小川までお越しいただければ幸いです。

※ 首都圏からのアクセス方法
常磐線石岡下車、5番線の「鹿島鉄道線」に乗り換え(快速電車で上野から1時間半、特急「フレッシュひたち」で1時間弱)。「常陸小川」または「鉾田」ゆきで15分、常陸小川駅下車。
なお、石岡~常陸小川間はデータイムで20~40分間隔程度で運行されています。また、常陸小川~鉾田間は30分~1時間半間隔程度で運行されています。
石岡停車のフレッシュひたちは毎時1本程度、快速電車(我孫子~北千住間を除き各駅に停車)は毎時2本程度です。
詳しい時刻表は、鹿島鉄道のホームページを参照して下さい。

最後に。
「あけっぱなし列車」と題した窓を全開にして冷房を止めていた列車を運行していましたが、その前にキハ600形1両が「冷房装置不調」によって冷房が聞かない状況になったまま運行されておりました。その列車に乗車していたのですが、本当に暑かったです、はい(笑)。

ということで、とりあえず概要のみお届けします。
スポンサーサイト
編集 / 2005.08.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
89位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。