スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
頑張れ群馬の私鉄シリーズ 上信電鉄&イベント編その3
カテゴリ: TransprtNetwork特集
すっかり秋です。水曜日は半蔵門線に乗ることが多いのですが、会社に戻る途中で乗ったら8590系でした。そして、渋谷につくと向かい側を8500系の幕タイプの車両が走って行き、その後から8590系がやってくる、という事態に見舞われました。問題は、ここだといい写真が撮れないんだよなあ、ってことでして。

さて、今週は群馬シリーズをお届けしていますが、今回で最終回。
高崎ー下仁田間往復のときのお話で、幕を下ろしたいと思います。


高崎駅に戻ってきた「銀河鉄道999号」。
20081026-017s.jpg
△ 500系(高崎、以下特記以外は2008.10.26撮影)

ここで初めて気づいたことが一つ。
ヘッドマーク、片側にしかないのね(笑)。なので、運転手さんが付け替えにいそしんでおりました。ちなみに写真は、反対側なのでヘッドマークはありません。

この銀河鉄道999号で下仁田を目指してみます。ここでねえ、ちゃんとタケカワユキヒデさんのあの曲とか、ささきいさおさんの「銀河鉄道は遥かなり」を用意すればいいのに(笑)。すみません、気がまわってませんでした。
電車は途中の吉井で時間調整をすることになり、約8分ほど停車。そして…
20081026131853.jpg
△500系(吉井、携帯電話から)

やることは皆同じ(爆)。

20081026-018s.jpg
△ 150系(吉井)

ちゃーんと反対側から来た列車も撮影して、時間通り出発。
ちなみに、車内を見回すと天井にもイラストがあります。そして、それをビデオカメラで撮って行く人。なんか、行動が取材のディレクターとカメラマンみたいなコンビの人がいました、ええ(取材だとしたら、カメラがカジュアルすぎるけどなあ)。

さて、ぼーっとしていたら電車が急カーブを曲がり始めまして。千平を越えると突然世界が変わります。あれですね、山岳区間に入るので雰囲気が一変するんです。そして、1カ所凄い勢いでゆれた箇所がありました。あれは怖い(苦笑)。
さて、下仁田に到着したご一行。やることはもちろん…
20081026-019s.jpg
△ 500系「銀河鉄道999号」(下仁田)
20081026-020s.jpg
△ 500系「銀河鉄道999号」(下仁田)

到着後、そのまま展示会に。そして、いろいろ私がビデオカメラをまわしているうちにマンナンライフの150系が出発し(苦笑)、ごく普通の写真を撮っていたのでした。でも、日曜の昼下がりとしてはいいかもよ。
20081026-021s.jpg
△ 1301形+250形(下仁田)

そして、午前10時前に単行で下仁田に行ったあの200形、こんなところにいました。
20081026-022s.jpg
△ 200形(下仁田)
20081026-001s.jpg
△ 200形(運転台改造側、下仁田)

単車で走ることがほとんどないこの200形。よく考えてみたら、500系投入で廃車が発生しているんですもんね。正面を固定した200形制御車はいないんですもんねえ。うーむ。
20081026-023s.jpg
△ 1000形+250形ほか(下仁田)

さて、一通り撮影したので下ることに。下るんだけど、よく考えてみたら高崎行きは「のぼり」なんですよね。うーん(笑)。
早朝から起きっぱなしな上に、寝不足がたたった私。気づいたら結構寝てまして。とりあえず富岡の会場の鉄道模型と「2015年の公共交通をつくる会」のミニ電車運転をぼーっと眺め、「高崎に戻ろう」と思った結果、戻りましたよ。ええ。
20081026-024s.jpg
△ 150系(上州富岡)

眠かったんですねえ、電車に乗ったらまともな思考が出来なくなりまして。
高崎に戻った段階でギブアップですよ。上信電鉄の旅、あえなく終了…(滝汗)。原因はそう、大量の機材ですね。ビデオカメラとか三脚とか重いんだもん。

まあ、とは言っても楽しく上信電鉄を堪能した私、高崎駅の「モントレー高崎」で晩ご飯を購入し、八高線に乗ろうとすると止まってんの、高崎線。そして、臨時列車である「奥利根号」もまだ止まってるの。
あわててカメラを取り出し、大量の荷物と食事を抱え(苦笑)、ホーム端に向かい、撮影する私。なんか残念な人みたいですが(滝汗)、EF60撮ってなかったんだもん。
20081026-025s.jpg
△ 「奥利根号」(高崎)

で、満足して八高線のホームに行ったら、すでにボックスシートは埋まってまして、結局ボックスシートの定位置にすわれたのが児玉だったかなあ。そこからご飯を食べ、ミスドを食べ、寄居を過ぎたら急に眠くなり、気づいたらもう高麗川でした。やっぱり、寄居過ぎたらすぐだわさ。40分くらいまだ残ってるけど。帰宅は午後8時半でしたとさ。

さて、2週間後は群馬が控えております。今週末の茨城は残念ながら回避になっちゃいそうです(でないと死んじゃう)。誰か恵んでくんないかしら、2万円くらい(爆)。
さて、その群馬シリーズ2回目はメインの上毛電鉄です。思えば1999年、ラジオじゃあまなびーこと水野愛日さんのラジオを聞いていた頃ですよ。初めて日比谷の鉄道フェスティバルに出かけ、大量の使用済み乗車券を売っていたのが上毛電鉄でした。そのときは、「北風小僧の勘太郎」みたいな人が袋詰めしてました。売る度に。…あの方、もしかすると上毛の運転手さんなんじゃないかしら、と最近思っているんですが。
つまり、私の人生において9年前の出会いは大事だった、ってことですよ。きっと、群馬が私を呼ぶために仕組んだ罠ですよ。…それに見事にはまったんだね、私。

そんな訳で、とりあえず茨城は12月かなあ、と思っている私なのでした。行きたいけどねえ、関鉄のイベントも。
スポンサーサイト
編集 / 2008.10.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
86位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。