スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
夏休みの課題-RailSim編
カテゴリ: RailSim
まあ、本題に入る前にいくつか。
まず、JR東日本の103系8両が西日本に売却、甲種輸送されたそうな(Simplex's Memo、「稲沢にやってきた元JR東日本103系」参照)。実際のところ、一部では「東西の103系を入れ替えたらどうか」という話があったわけですが、一体何に使うんでしょうかね。
次。8/25にトレインシミュレーターの最新版が出るそうで。で、その中身が成田~羽田間の系統なんだそうで。個人的には「運転系シミュレーション」はやらないのですが、京成・都営・京急という3者の運転が出来るのは良いなあ…なんて(笑)。

さて、今日の本題は「RailSim初心者への夏休み課題」を考えてみます。


まあ、ぶっちゃけた話「○○作ってくれませんか?」というお言葉に対する当方の考え方を伝えようかと思っています。

先ほど風呂の中で考えたことなのですが、以下のものを考えてみようかと。
A)車体のみを配布して、テクスチャを自由に書いてもらい走らせるもの
B)複数の車体形状+テクスチャの基本形を描いておき、残りを自由に編集してもらって走らせるもの

A)の説明から。
こちらは、車両の基本形状のみをあらかじめ製作しておき、製作者が自由にテクスチャを製作・貼り付けた上でプラグイン化してもらって遊べるようにするもの。
B)は、A)よりもさらに易しい状態で配布するもの。20m4ドア車両や20m3ドア車両などの窓配置とドア配置の基本形状のみ書いておき、ほかを書き足してもらうことでプラグイン化し、遊んでもらうもの。

まあ、課題としてはどちらにせよ「メタセコイア」を用いなければならないこと、テクスチャの共通化などには対応しきれないことなどが挙げられます。以前配布していたキットタイプにしておき、それを組み立ててもらう…というのも一案なのですが、より多くの車両に対応するためにはテクスチャの改造からやってもらうのもありかなあ、と。
(個人的に一番の問題は「テクスチャの質」でしょうなあ…。どこまで書き込んでおくか、どこを自作してもらうか、という配分も問題ですし。そもそも、みんながみんな「電車の絵」を描けるのだろうか…。私の場合はよく描いていたので比較的スムーズに移行できたのですが、小さいころからどれだけ電車の絵を描いているのだろうか…?)

最初は1枚画として、ピクセルをプラグインの大きさにあわせたうえで描いてもらい、それをリサイズすることで対応すれば良いかなあ、なんて思っていたりします。

今回の「テクスチャ自作プラグイン」の場合、以下の点をどうするか、が問題になるような気がします。
・テクスチャのマッピング作業を簡略化できるようにするかどうか(→メタセコイアのバージョンによっては、面ごとにマッピングできないものがある)
・側面テクスチャを共用できるようにするかどうか(→共用させるにはちょっとしたコツをつかまなければならないことを考えると、現状では側面全体を1枚にして、それぞれを書いてもらうほうがいいのかな?)

結局の所、改造でも良いから基本的な使い方をマスターしてもらい、その上で自作できるようになれば少なくとも「○○作ってください」と言わなくて済むようにはなります。その手助けをすることが、重要なのかもしれませんね。

で、結局の所、問題は私がどこまでテクスチャの基をつくっておけば良いか、なんだよなあ(笑)。まあ、8/7の更新までに、答えを見つけておきたいと思います。
スポンサーサイト
編集 / 2005.07.29 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
89位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。