スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
エスカレーターを歩く人々。
カテゴリ: TransprtNetworkコラム
そういえば、いつだったか「エスカレーター歩行禁止」の話がありましたね。
あれ、よく考えてみたらたかだか数年前までは歩く人なんていなかったんじゃない?と思ったのですよ。で、「なんで歩くようになったのか」を考えたら、あることに気づきまして。そのお話。


立川駅。高校時代は通学で利用していたおなじみの駅ですが、エキュートが出来るまでは改札口に通じる階段は2カ所だけでした。そこに、降りてきた客がどっと押し寄せるので、階段を登り始めるだけでも一苦労だったんですねえ。
その原因を考えると、駅の構造に加えて、エスカレーターがあるのです。
エスカレーターは登り運転をしているので、そこにもお客さんが寄ってきます。朝は1分1秒が惜しいのか、そこを駆け上がって行く人がいるんですね。

で、最近エスカレーターを増設する傾向にある訳ですが、たいていは元々階段だった場所に設置するケースが少なからずある訳で。そうすると、部分的に狭くなるんですよ。その結果、急ぎたい人がエスカレーターを歩く、って事になったんじゃないかなあ、って思ったりします。
私の記憶だと、10年前くらいまではそんなことなかったはずですし。

だから、個人的には「歩行禁止」云々の前に、階段の幅が狭いとか、そっちも問題なんじゃないかなあ、と思ったりします。ラッシュ時の半蔵門線永田町駅の乗り換え階段とかけっこう滞留するしね。

うーん、調べた訳じゃないから、もしかすると違うのかもしれないけれど、おそらくこんな辺りに原因があるんじゃないかなあ、なんて思ったりします。急ぎつつも、周囲に気を配らないといけないのですねえ。
スポンサーサイト
編集 / 2007.12.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
102位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。