スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
広島訪問記2007初夏(5)そして、ラジオから聞こえてきた曲
カテゴリ: TransprtNetwork特集
とにかく巻きが入ってきております。そのくせ、仕事は順調に遅延しておりまして、困ったもんですねえ。今日は早いところ書ききって帰ろうかな、と思っております。

さて、路面電車まつりの会場をあとにした私。続いて向かうのは原爆ドーム前でした。


電車に乗って向かったのは原爆ドーム前電停。通常、観光で訪れたら外せないのが平和記念公園ですが、今回は反対側へと向かいます。広島市民球場の横の道を通り、左手に見える建物が2つ。
一つは「青少年プラザ」。確か、広島時代にカレーを食べた記憶があるのですよ。ところが、現在は食堂の営業は取りやめになってしまっているご様子。残念。
気を取り直して次に向かったのが広島市こども科学館。2階に中規模の鉄道模型ジオラマがあったものの、広島に住んでいた頃に一度改装されて縮小されてしまいました。現在はさらに悲惨で、併用軌道上は機関車トーマスの独壇場。なんかかなしい(余談の余談ですが、きかんしゃトーマスは併用軌道上を走行しようとしておまわりさんから「牛よけ」(排障器)が着いていない事を指摘されて「トビー」を購入するきっかけになった、というエピソードがあるんです、はい)。
3階に足を踏み入れると、特別展示をしていました。特別展「湯川秀樹・朝永振一郎生誕百年展」というもの。ほかには星に関する展示物があったりします。
気づいたのが、「科学への興味の原点はここ」ってことに気づいたんですね。もしかすると福岡に更なる原点があるのかもしれないけれど。

再び原爆ドーム前電停に戻り、今度は横川駅へ。ちなみに、広島の場合は「よこがわ」と濁ります。
駅前にある商店街の中のとあるラーメン屋さんで昼食。今回の企画は「できるだけ全国チェーンのお店をさける」事にしたのですね。その結果このお店にあたったのですが、なんかいい雰囲気でしたね。さすが地に足がついております。
横川から江波に向かったあと土橋まで戻ってきて、小網町付近の狭い路地で撮影再開。土橋ー観音町間の道はほとんど自動車の交通量がない道でして、路面電車を撮るには良い雰囲気。のんびり撮影をした後、西広島で少し食料を調達して再びこのエリアへ戻ってくると丁度3時半。そろそろ千田車庫から車両が回送されてくる頃だなあ、と。カープは微妙に逃げ切っているけれど、果たして?なんて思いながらですね。
すると目の前を100形が逃げていきまして(撮影できず)、この先は土橋の分岐ポイントにしばらく張り付く事に。すると、200形や5100形、70形が順次回送されてきます。それらを見届けてから、最後の目的地となる広島港に向かったのでした。

広島港に着くと、天気がやっぱり中途半端なんですね。お日様に雲がとぎれとぎれにかかってしまいまして。それでもまあいい雰囲気なのですが、ずっと聞いているRCCラジオでは「青春の名曲コレクション ベスト100」なる特番が放送されています。それを聞きながら撮影を続けていると18時半を回った頃になってしまいまして。バスは8時過ぎにバスセンターを発車するので、ぼちぼちおいとまするお時間になってしまったようでして。
最後に乗ったのは5100形。電車の車中でもずっとそのラジオを聞いていたのですが、ランキングの中に村下孝蔵さんの「初恋」がランクインし、曲が流れてきました。それを聞きながら、広島との別れは恋人との別れのような気がしてきまして。目頭が熱くなっておりました。

紙屋町西で下車して夕食を調達。そして8時20分頃にバスセンターを離れ、一路東京に向かい始めたのでした。バスの中でもずっとラジオを聞いていたのですが、いつの間にか寝てしまい、ふと気づいたときにはRCCラジオが聞こえなくなっていたのでした。

翌日。山手線を一周してから渋谷でおりて、近くのマクドナルドで暇つぶし。10時にマックを受け取って、そのまま会社に向かったのでした。

後に村下孝蔵さんの「松山行フェリー」という曲を聴いたのですが、イメージがまさに広島港。あのフェリーに乗って離ればなれになるんだなあ、というイメージがダイレクトに伝わってきましてね。あとは泣いちゃいますよね。

この企画のあと、広島時代の友人/知人とのつながりが少しずつ元に戻ってきています。さすがはmixiと思っちゃったりするのですが(笑)、本当はまたあいたいんですよね。期待と不安がいっぱいあるのは確かなんだけれど、やっぱり実際にあって話をして…ってので新しい記憶の一ページになるような気がして。
みんなとまた…逢いたいよね。

ということで、これにて今回の広島編は完結でございます。2005年訪問時と合わせるとだいぶカバーできたような気がします。残るは東側の一部(主には呉線など)になるのですが、これはまた次の機会、と言うことになるのでしょうね。
あと、ぼちぼちこういうたぐいの企画を(日帰りでもいいから)やりたくなってきましたねえ。問題は先立つものよりも時間、なのですが。

そんな訳で、このあたりで。長々とご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
編集 / 2007.07.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
94位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。