スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
久しぶりの関西行脚(1)関西私鉄撮り歩き。
カテゴリ: TransprtNetwork特集
3月30日、午後11時30分。
かろうじて乗車予定のバスに滑り込んだ私。今回、目指すは大阪。大阪から、1日目はまだ乗ったことがない私鉄を中心に、2日目は路面電車を中心に撮影しよう、と言うことにしました。

今回の記事は細かく会社単位で区切ってみます。ちなみに、本日更新分の記事は、宿泊先のホテルから更新してみたりしております。わー、文明の利器(笑)!


<関西私鉄と言えばこの会社…阪急電鉄>

朝6時半、大阪駅。
無事に大阪に着いた私。郵便物の差し出し(仕事の残り)を終えて、向かうは阪急梅田駅。まずは、梅田から阪急神戸線で三宮を目指すことにします。
IMG_9818_resize1.jpg
▲ 阪急京都線の特急車、9300系(梅田)。

普通電車に乗り、塚口で下車。大した理由もないのですが、駅ホームからなんとなく撮影しやすそうだったのがその理由。そして、撮影開始。

IMG_9832_resize1.jpg
▲ 8000系。
IMG_9836_resize1.jpg
▲ 多分3000系。

ただ、関西私鉄の知識がものすごく薄い私としては、車両の形と形式名が合致しない訳ですよ。昔、名鉄でも全く同じ自体に見舞われたあと、苦労して覚えたのですが、それと全く同じことをこっちでもやらないといけないみたいです。サイトに反映できるのはいつのことやら(苦笑)。

とりあえず、一巡するまで撮影を続けてから、さらに西へ移動を再開。西宮北口で再び降り、接続する今津線を撮影。そして、特急に乗り換えて三宮で下車。

<六甲山の裏側を走る鉄道…北神急行&神戸電鉄>
三宮から何らかの方法で神戸電鉄を撮影することを画策した結果、三宮から神戸市営地下鉄と北神急行で谷上に抜けることにして移動開始。
来た車両は神戸市営地下鉄開業当時から健在の1000形。
20070331101911.jpg
▲ 神戸市営地下鉄1000形。車両によって、起動音が違ったのですが、更新工事を受けて、VVVFインバータ制御になった、ってこと?(谷上)

山岳トンネルを抜けると、谷上に到着。
谷上駅の構造を見ると、ホームは何本もあるのに、実質的には1面2線あれば大丈夫、というダイヤ構成になっているようです。まあ、北神急行と神戸電鉄の乗り換えを容易にするためのホーム改良を行った訳で、その結果こういうことになったらしいのですが、いかんせん撮影しづらくて。
ということで、谷上から神戸電鉄で新開地方面へ移動再開。すると、まあ急勾配と究極線に囲まれた路線、ということを実感させられます。勾配を示す標識が50と表記されているものがある訳でして(ちなみに、50ということは100m進むごとに5m登る訳ですから)、乗っていてもそれが実感できます。
個人的には、どうもその急勾配+急曲線で走る電車に妙な愛着を感じてしまいまして、時間があればもう一度じっくり乗りたいなあ、と思ってしまいました。
撮影は鵯越で実施。

IMG_9879_resize1.jpg
▲ 神戸電鉄の標準形式、3000系。
IMG_9884_resize1.jpg
▲ 神戸電鉄の最新形式、5000系。

12時頃まで撮影した後、新開地まで移動。びっくりしたのは、湊川まではずっと急勾配と急曲線がある、と言うこと。逆に言うと、湊川を過ぎると「六甲山」を越えていくためにそのような線路を造らざるを得ない、ということなんでしょうね。

新開地から高速神戸を経由して三宮へ。

<赤と青の競演…阪神電鉄>
阪神電車で三宮から大阪方面に移動開始。途中数カ所で撮影して、尼崎へ。
尼崎から出ている西大阪線。そう遠くないうちに近鉄との相互直通が待っている訳で、そのための改造工事が進んでおりました。
IMG_0081_resize1.jpg
▲ 西大阪線で活躍中の8801形。
IMG_0092_resize1.jpg
▲ 近鉄直通用に導入される新車。

尼崎からその西大阪線に乗り換え。現在の雰囲気は、都会の下町を走るローカル形の路線かなあ、というイメージですが、数年後には全く違う路線になっているのでしょうか。現在の姿からは皆目見当がつきませんでした。

<201系転入が進む大阪環状線…JR西日本>
西九条から天王寺へ移動。西九条で電車を待っていたとき、201系が増えたことを実感しました。いや、2年前はまだ京都/神戸線で現役だった訳ですから、「変わったなあ」というのが実感でしょうか。もっとも、201系の体質改善車両、103系の体質改善車両ともに、側面の見た目が大差ないので(ドアの窓が小さい…が見分けポイントですが、小さいと非常に違和感がある)、今ひとつピンと来ていないような気もしますが。
IMG_0098_resize1.jpg
▲ 塗色変更を受けないまま転入した201系。行き先は桜島行き。(西九条)
IMG_0110_resize1.jpg
▲ ニューカラーとして登場した関西線用201系。

<大阪南部をになう私鉄…南海電鉄>
天王寺駅で一瞬阪堺電気軌道を撮影しようとしたものの、自動車の多さに断念。地下鉄を利用してなんばへ。
なんばからは南海線に乗車。今回の宿泊地は堺と決めたので、チェックイン時間に合わせて移動。途中、岸里玉出で汐見橋線の車両を撮影し、堺で下車してチェックイン。
IMG_0128_resize1.jpg
▲ 南海線7100系(多分)。(なんばにて)
IMG_0132_resize1.jpg
▲ 南海ラピート号(なんば)
IMG_0140_resize1.jpg
▲ 泉北高速鉄道の車両。

<大阪唯一の路面電車…阪堺電気軌道>
一旦荷物を部屋に置き、身軽になって撮影再開。堺駅から少し大阪寄りに戻り、住吉大社で下車。
駅からは阪堺電気軌道上町線/阪堺線の両方が撮影できるので、ある意味では一番効率よく撮影できる場所だったりします。ただ、待てど暮らせど来るのは新型車両の700形と更新タイプの600形。愛しの旧型車両は?結果としては500形が2両登場したくらいですよねえ。まあ、来ないよりはまし?

21時も近くなった頃に、浜寺駅前行きに乗車。乗ったはいいものの、睡魔に襲われそうになったりしまして。ただ、堺市内はセンターリザーベーションになっていて、「おお、かっこいい!」と思った私でございます。
で、浜寺駅前まで向かって電車を降りると、見事なまでに町が閑散としておりました。まあ、しょうがないかなあ、と思いつつ、南海電車で堺に戻ってきました。

ということで、1日目の行程はこんなところです。
明日は阪堺電車、大阪環状線、南海電車、阪急京都線、嵐電のうちの大部分が撮影できればいいのかなあ、と。

そんな訳で、関西の土曜日の夜のお伴、AM KOBEの番組を聞きながら、まとめてみました。明日はいよいよ帰京ですが、やり残した感が否めませんねえ。
スポンサーサイト
編集 / 2007.03.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
110位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。