スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
CIカラーの相鉄電車登場。
カテゴリ: Transport News Headline
コーポレート・アイデンティティ。既に私の場合はタイプミスをしそうなくらいの名前だった訳ですが、会社の「色」ですよね。どんな会社かを示すためのもの。もっとも、アイデンティティって言葉に明確な和訳がないのでこの表現で正しいのか、と言われると自信がないですが。
で、最近ロゴが横文字になった相模鉄道ですが、車両のカラーリングを一新するんだそうです。そのお話。


・「全鉄道車両に相鉄グループカラーを導入し、デザインを統一」(相模鉄道、PDFファイル)

概要は次の通り。
・現在相模鉄道で運行されている7000系/8000系/9000系/10000系の各形式のカラーリングを統一。10000系に準拠したデザインとなる。
・新カラーリングとなる車両は4月22日から運行を開始。第1編成は9000系が対象。
・塗り替え完了は平成22年度末を予定。
・これに関連して、4月22日にいずみ野駅にて撮影会を実施。

個人的にはこのカラーリング変更はそんなに悪くないんじゃないかなあ、と思ったりします。もっとも、赤より青の方が落ち着いて見えるから、なのかもしれませんが。何より、6000系のカラーリングが変わる、とかそう言うものじゃないからなのかもしれませんが。
デザインは見事なまでに10000系準拠。各形式ともそんなに見栄えが変わることはなさそうです。

このCI導入に関する鉄道車両のカラーリング変更、と言うと南海電鉄を思い出します。南海の場合、おそらくはあの緑の濃淡のイメージがあまりにも濃すぎて、その反動から「拒絶反応」を見せた方がいらっしゃるのかもしれません。
それを考えると、今回のカラーリング変更は、京成の3700形導入に伴って変更された京成の在来車、それと同じ関係性なのかもしれません。

余談ですが、同じ「電車のイメージが変わりそうな」京急新1000形ステンレスバージョン。某所で写真を見たのですが、「昔の東京モノレール」とも微妙に違うものの、それまでの京急の車両とは大きく異なりますよねえ。可能なら全面にカッティングフィルムを張ってほしいかなあ、と思わんばかりのデザインですからねえ。心なしか、苦しいデザインに見えてしまうのは私だけなんでしょうか。もっとも、そのうち修正がでるのかもしれませんけれどね。

そんなわけで、今回はこの辺りで。
スポンサーサイト
編集 / 2007.03.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1017位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
81位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。