スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
午前11時の衝撃。
カテゴリ: そのほか・雑記
朝、出社前にCD-RとDVD-Rを購入しようと思い、新宿のヨドバシカメラへ行くと、テレビにはでかでかと「全日空機 胴体着陸 安否確認中」というテロップとともに、高知空港に着陸した飛行機が映されていました。
そのときはものすごく不安だったのですが、けが人などがなかったのが不幸中の幸いでしたね、まずは。

ただ、そうも言ってられないのは私だけなんでしょうか。そのお話。


高知新聞の速報記事によると、大阪伊丹から高知に向かっていた全日空の子会社「エアーセントラル」の飛行機が、着陸時に前輪がでないトラブルが発生。手動で出そうとするもののでないことから、後輪のみの胴体着陸を行ったもの。けが人などはない、とのこと。機体は「ボンバルディアDHC8」形と呼ばれるもの。YS11の後継機種として地方線に導入されているプロペラ機。

この「ボンバルディア機」に関していうと、過去にもトラブルが発生しているケースがあって、高知新聞でもよくトラブルが報じられていた機体ではありました。それだけに、今回の事態は「とうとう起きてしまった」という表現をしてもおかしくない状況ではあります。

個人的には、まずは何よりもけが人などがでなかったことにほっとしているのですが、どうしても2年前の福知山線事故の記憶が片隅をよぎったのは事実です。少なくとも、今回のケースは運が良かった、ということだけは確かだと思うのですが、早急に原因の究明をしなければ、大きな被害をもたらす事故が起きないともいえない訳で、その辺りの不安があったりします。
もっとも、そんなにしょっちゅう飛行機が落ちてたらそれこそ問題なのですが。

ちょっと文章のまとまりが悪いですかね。
整理してまとめると、
1.今回の事故に関してはとりあえずけが人などはでなくてよかったかな、と。
2.ただ、原因の解決を徹底しなければ、同様の事故が再び起こる危険性がある。
3.「抜け穴」を事故の前に見つけ出すことが今後の課題。
ということになるかと思います。

今日付けの東京新聞群馬版で、昨日、上信電鉄の貨車のうちの1両、1軸が脱線したというニュースを報じています。こっちはこっちで不安な訳ですが(どちらかと言うと保線に関して行き届くだけの体力があるのかどうか、とかそういう資金面含めて)、こちらも原因の究明をちゃんとしてほしいかな、と思います。
(ただ、「銚子電鉄」の件もそうですが、経営環境と安全確保のバランス、ってものすごく難しいなあ、と思う訳です。ただ、かといって安易に廃止に向かうのもいかがなものかなあ、と思うのも事実で、とにかく「バランス」って難しいですよね、ホント)

そんなわけで、何事も起こらなきゃいいけどなあ、と思う今日この頃です。
スポンサーサイト
編集 / 2007.03.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1564位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
100位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。