スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
広島地区共通バスカードにICカード登場へ。
カテゴリ: Transport News Headline
どうも、静岡県内(丹那トンネル越えてから)の地名を聞くと目が輝く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
今回の話題は、広島県内の電車・バスに利用できるICカードが登場する、と言うお話。


中国新聞2/3付け記事(「16交通事業者でICカード」)によると、広島県内の電車・バスで使用できるICカードシステムの導入がほぼ決まったとのこと。以下、概要。

・運賃割引は継続(磁気カード同様、詳細不明)。
・導入は16事業者(詳細は同じく不明であるものの、現行の広島地区共通カードが利用できる事業者+α程度になるのでは?)
・事前登録で紛失しても再発行可能。
・JRでの使用は不可。
・導入は来年1月から3年計画で実施。
・正式決定は8日。

ということで、広島にもいよいよICカードの波が押し寄せてきましたね。まあ、磁気カードと比べると様々な点で提携しやすい利点はありますからね(それを考えるとなんですかね、あのPASMOの足並みの悪さは…)。まあ、カード収集の幅が狭まる、という点では寂しいですが、利用者を増やすためのツールとして有効活用できるようになればいいんですけれどね。

ちなみに、同じ中国新聞2/3版で、興味深い記事を見つけました。
アストラム延伸代替策も検討
記事を読むと、新規着工予定のアストラムライン延伸区間のうち、東西線(西広島ー広島駅)と南北線(本通ー広大跡地付近)の延伸計画に関して、既存交通による代替案を示す方針を明らかにしたとのこと。西風新都線(広域公園前ー西広島)は現在のところ方針転換の予定はない模様。

個人的には、アストラムライン含めて完全にライトレールにしちゃえば、とかやや無謀なことを言いますが(笑)、現在の路線はともかくとして、新規着工路線に関してはライトレール導入で対処する、もしくは現状維持に徹する、などでよいような気がします。むやみに新交通システムを入れてみんな貧乏になるよりは、ね。
せめて広島くらいは、公共交通が使いやすい町であってほしいですけれどね。
スポンサーサイト
編集 / 2007.02.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
110位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。