スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
豊橋に行こう!
カテゴリ: そのほか・雑記
こんばんは、広報部長です。

…実はですね、昨日の文章を書いたもののどうも文章のまとまりが悪いなあ…と思っていたんですよ。書いているとたいていまとまりがいいときは書きやすいんですが、まとまりが悪いときはとにかく文章が進まない。これについては気をつけていきたいと思います。

ちなみに、昨日の話を補足して置くと、「現在の岐阜市では公共交通政策(特に路面電車)の位置づけがそれほど重要な位置に置かれていない」、つまり、優先度が低い項目と考えられているのではないか。
また、「自家用車依存」からの脱却を目指すのは、現状の岐阜市・岐阜バスの状況を見ると非常に難しいのではないか。中日新聞2005.6.8付け記事、「岐阜バス、半年で事故15件 問われる安全管理」を見ると、今年に入って岐阜バス側に過失がある事故が15件発生しているとのこと。6月6日に発生した事故に関しても運転手の居眠りが原因らしい(大垣署調べ)ということで、事実だとすると「信頼できる公共交通」として安心して乗車できるかどうか不安が残ります。
現状を考えると、行政は大きく交通事業者に依存していることが分かります(金銭的な面は特に)。路面電車代替バスも自治体側からの補助はなく、それが廃止後のバス本数にも関係してきています。

「乗りたくても乗れない」環境になると、利用者は他の交通機関に転移せざるを得なくなる。ましてや大野町~穂積線のバスのほうに利用者が集中することを考えると、岐阜市へ行かなくても用事を済ませられる(買い物などについては岐阜市へ出るよりも名古屋へ出るほうが選択肢が広がる)ことから、結局人々は岐阜を単なる「通過点」としてしか利用しなくなる。

昨日の補足は以上の通りです。

ちなみに、今日の本題は豊橋の路面電車を見に行きたいなあ、というどうでもいい(笑)話です。


私が住んでいるのは東京らしからぬ東京都なんですが(三法を山に囲まれた、ある意味都会の人からはうらやましい場所)、そこから豊橋まではさまざまなルートを取ることが出来ます。
もっともベターなのは東京駅経由で新幹線利用、になると思います。他にも相模線+東海道線経由(青春18きっぷ利用時はこのコース)、夜行バス(伊良湖ライナー、東京駅~豊橋間を利用。4800円)などがあります。

さて、この6月に豊橋まで行こうと思うと、非常に選択肢が少なくなります。青春18きっぷは当然利用できないので、大幅なコストアップが見込まれてしまいます。新幹線は論外ですが、東海道線往復でも相当の費用を見込まないと大変です。
で、突然登場するのが「休日乗り放題きっぷ」。JR東海が発行するフリー乗車券で、土休日のうちの1日が利用可能。1枚2600円で、関東エリアからだと松田(御殿場線)が最も近い発売箇所になると思います(国府津・甲府では発売なし、熱海は不明)。
「ムーンライトながら」に関しては、指定席の場合は指定席券を、自由席の場合はそのまま乗車することが可能なはずです(1月末に同じ方法で実行した際も、特に問題はありませんでした)。
ちなみに、案内資料に「寝台列車は利用不可」とありますが、「ムーンライトながら」は寝台列車じゃないから問題ないですよね?なお、乗車券自体の有効は1日で、青春18切符と同じ「日付が変わった次の停車駅まで有効」です。

これをベースにモデルコースを組むと、次のようになります。
・行き
自宅~登戸~小田原~熱海(熱海までが通常の乗車券で移動するエリア)~豊橋(4:22着)
・帰り
豊橋~松田または小田原(フリーきっぷは松田または熱海まで)~登戸~自宅
・費用
自宅~登戸間往復1160円(片道580円、分割購入)
登戸~小田原間往復1400円(片道700円)
小田原~熱海間往復800円(片道400円)
休日乗り放題きっぷ2600円
合計…5960円
(※ ちなみに、帰りを松田経由にすると480円減額可能、ただし行きに松田で休日乗り放題きっぷを購入する必要がある場合、130円増額)

それにしても、やっぱりというか何というか、「青春18切符」のありがたみが伝わってきますね、この金額には。

で、豊橋といえば(やっぱり?)路面電車でございます。元名鉄組が赤岩口車庫に改造・留置されているのかどうか非常に気になるんですが(笑)、動き始めた折には見に行きたいなあ…と思います。が、お財布の中身はそれを許してくれるのだろうか?

まあ、そんなわけでそろそろオレンジラインの電車が見たいなあ…と思う今日この頃でした…。
スポンサーサイト
編集 / 2005.06.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
110位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。