スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TNH2005.6.6版-今週末は路面電車の日。
カテゴリ: Transport News Headline
…6/11、雨ですか…。せめて雨が降らなければいいんだけどねえ…なんて言っていたら台風のおまけまでついてくるみたいですね…中止にならなきゃいいけれど。

ということで、今日取り上げるトピックスは以下の通り。
■ 路面電車の日関連イベント
■ ゴムタイヤ式ライトレール、現る。
■ 阪神三宮駅、改修へ
■ 名鉄路面電車を保存する動き
■ 路面電車に乗車して被爆体験を聞く。




■ 路面電車の日関連イベント
6/10は路面電車の日です。…理由は確か語呂合わせだったはずですが、確かな記憶がないです(苦笑)。
ちなみに、6/5は広島電鉄で実施されました。こちらで把握している分について、今週末は以下のとおり。
・豊橋鉄道…3702号車を用いて「ヨーロッパ路面電車スケッチ展」を実施。10・12日は通常運行に使用、11日は豊橋駅前に留置して自由に鑑賞出来る。
・東京都交通局…11日に荒川車庫などで実施。車庫見学や旧塗色車両になった7000形の撮影などができる。
なお、今週末は現在のところ天気が雨・曇りのようです(台風が接近しているので、そちらにも留意してくださいな)。開催についての詳細は関係する社局のwebページなどを参照していただければ幸いです。

…にしても、3702号車が営業運転につくんですね…見たいなあ(笑)。

■ ゴムタイヤ式ライトレール、現る。
Lohr Industrie社(フランス)製のゴムタイヤ式ライトレール「トランスロール」が三井物産などによって輸入、性能試験が始まるんだそうです。
ゴムタイヤを用いており、案内レールに沿って動くもの。走行動力は架線からの電気を用いています。イメージとしては、いわゆる「新交通システム(AGT)」に近いものを感じさせます。
導入が予定されているのはフランスで1都市、イタリアで3都市の計4都市。

新交通機関を導入するときのポイントは、「他のシステムと直通できる」かどうかが一つのポイントになるでしょう。ライトレール導入も同じですが、既存の鉄道路線への直通を検討するならば鉄車輪式、直通路線が存在しない場合などは建設費などから検討することになるでしょう。
余談だけれども、このシステムが自動・小型化すると昔夢見ていた「未来都市」の交通機関になるんですかね?

■ 阪神三宮駅、改修へ
神戸新聞2005.6.4付けより。
現在、2面3線の阪神三宮駅。姫路方面から、三宮始発電車の折り返しホームへの移動には階段を使う必要があるんですが、2012年度を完成予定として、同一ホーム上での乗り継ぎが可能になるようになります。
基本的には、中間に折り返し線を挟み込む、新開地のような駅になるのでしょう。あわせてホームの拡幅、東口の新設、バリアフリー化を目指すとのこと。
ちなみに、2009年には近鉄との相互直通が予定されているトのこと。そのころにはまた近畿エリアの鉄道が様変わりしているんでしょうね。

■ 名鉄路面電車を保存する動き
岐阜新聞(2005.6.6付け)より。
昨日ですが、旧名鉄美濃駅でバザーがあったそうです。どうやら、590形593号の保存をする計画があり、その資金確保の一環とのこと。受け入れには300万円以上の資金が必要になるという(他に、名鉄への陳情が必要)。
昨年8月、この駅に訪れたのですが、しっかりと整備されている印象を持ちました。これからも末永く、保存されていくことを祈りたいのですが、維持費を確保していくためには、ファンの協力も必要なんでしょうね。
一方、510形については岐阜市内で保存の動きが続いています。新聞では大きく取り上げられていないようですが、動きは続いています。

■ 路面電車に乗車して被爆体験を聞く。
小学校5・6年とその保護者が対象で、長崎平和推進協会が主催。8/2・3に長崎で実施される。長崎電気軌道の旧型車両168号車を用いて実施される。
私の場合、小学校6年間を広島で過ごした関係で、原爆に関する学習は結構しました。多くは学校の授業でしたが、それでも「原爆」に対する被害のすさまじさは今でも記憶しています。
貴重な体験だと思うので、近くの方は参加されて見てはいかがでしょうか(お問い合わせは長崎平和推進協会へ。申込締切は6/30)。

今週末ですが、台風が来ないことを祈りつつ、荒川線のイベントに行ってみようかと思っています。
で、荒川線がらみの話で「速度が遅い理由」を考えてみました。で、先日乗車して「ある」ことに気づいたんですね。それは、「閉塞信号が見当たらない」こと。もともと都電が「続行運転をしていたこと」の名残だと思うんですが、その関係で速度制限やシステム自体が「昔のまま」になっているのではないか。
軌道法や関連する法令を確認していないのですが、他線での運行スタイルなどを考えると「閉塞」の概念はほとんどないんじゃないかと(考え方としては併用軌道上の路面電車と変わりはないから)。
多分、都電のスピードアップを図ろうとすると、「信号整備」からはじめなければならないはず。それをしないとなるとブレーキ強化になるのでしょうけれど、急ブレーキによる負傷に対して賠償する必要が少なからずあるようで、都電のスピードアップに関しては費用負担が大きくなるようです。

ということで、「実情を把握する」ことをおろそかにすると、無意味な推論をしてしまうことになるので、その点十分気をつけたいと思います。
…にしても、首を寝違えることはありますが、睡眠中に手首を寝違えることはあるんでしょうか…謎です。
スポンサーサイト
編集 / 2005.06.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1017位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
81位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。