スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TNH2006.4.21版-合併がもたらす「影響」。
カテゴリ: Transport News Headline
参ったことに、昨日小美玉市長選公開討論会があったんですが、ニュースとして出てくるのは「百里基地」に関するもののみで、「鹿島鉄道」に関する質問が出たのかどうかわからないでいたりします。個人的にはこの「鹿島鉄道」に関する質問は、「誰が市長になっても同じ」結論になるのか、それとも「この市長になるとまずいのか」という判断をしたかったわけですが…。

ここのところニュースが続きますが、今日もニュースを紹介していくことにします。


いわさきコーポレーションのバス廃止問題
西日本新聞、毎日新聞鹿児島版より。
問題の始まりは、いわさきコーポレーショングループのバス会社5社の195の赤字路線を廃止する方針を示したことがきっかけ。これに伴って、手をこまねくと「生活必需路線」まで廃止とならざるをえない状況になることが想定されたため、南薩地域バス路線対策協議会(南薩地域4市3町)と鹿児島市が路線存続要望書を県と同グループに提出。

ここでポイントとなってくるのは、「どの路線を維持する必要があるのか、どの路線を廃止してもよいのか」という事。状況を考えると、現段階ではすべての路線の維持や、企業努力による維持には限界があることを考えると、「行政が積極的に」関与していくことが必要な気がします。
なお、今後は路線ごとの状況分析や運行形態のあり方、存廃の判断をする…という見通しのようです。

樽見鉄道「モレラ岐阜駅」開業
岐阜新聞、中日新聞岐阜版、毎日新聞岐阜版より。
開業日は「今日」なんですが、開業式典は本巣市が昨日実施しました。

モレラ岐阜という大型ショッピングセンターの最寄駅として開業したもので、事業費6000万円はモレラ岐阜側の負担(施工は市が実施)。利用車を年間7万人と見込み、3000万円の増収を見込む。

個人的には、「モレラ岐阜」との連携がどこまでできるのか、がかぎになる様な気がします。鉄道利用者に対してサービスを加えるようなことを積極的に提案したり、逆に樽見鉄道側と一緒になって「買い物回数券」のようなものを発売したりする…そんなことをすることで、更なる利用者増を見込む必要があるようにも思います。

富山ライトレール、グッズ売れ行き好調。
中日新聞富山版より。
昨日はグッズの紹介をしましたが、すでに相当売れ行きがよろしいようでして、「携帯クリーナー」は残りわずかとの事。1番人気は「チョロQ」で、記事によると「ライトレールらしく音もなく静かに走る」とのこと。
グッズに関しては昨日コメントをしたので、今日は記事の紹介にとどめておきます。

智頭急行、配当実施へ
中国新聞より。
鳥取県が配当を要求していた智頭急行ですが、結果的には1株1000円の配当が実施される見通しになりました。株主総会で承認を受けた後、配当実施となります。

取締役会の中で、鳥取県知事(=同社会長)が賛意を示す一方で、「高速道路の姫路鳥取線との競争に備えたり、安全投資に回すなどの活用をするべき」という意見も出たとの事。
配当の使い道に関して、記事によると鳥取県知事は「乗客数にはね返るよう有効活用したい」との事。

…間違っても、道路整備とか高速道路の建設とかに充てないでね(笑)。
なんて話はともかくとして、一応「第3セクター鉄道初めての配当実施」という点は評価するべきかもしれませんね。ただ、第3セクター鉄道の多くが「ローカル輸送」のみを担当していること、同じく「現在は優良企業」である北越急行も、北陸新幹線が出来ると突如窮地に立たされることなども考えると、「最初で最後」になりかねない不安はありますが…。

山梨交通の電車、お色直し。
毎日新聞山梨版より。
今でこそ山梨交通は「バス会社」のイメージですが、昔は鉄道線もあったんですねえ。それが、今回の「山梨交通の電車」のお話になるんですが。
現在、増穂町長沢にある「利根川公園」に保存されている車両は、廃止後に丸子電鉄(→上田電鉄)や江ノ島電鉄を経てこの地に保存されている車両です。江ノ電で廃車となった後にこの公園で保存されていたわけですが、保存後も腐食が続いていたとの事。
今年1月に山梨交通設立60周年事業として、この車両の補修を増穂町に提案、実施されたもの。今回の補修で「山梨交通時代のカラーリング」への復帰が実現した…という話のようです。

実際、保存車両の維持にはこういう形か、さもなくばボランティアの手によって行われているのが現状だったりします。こういう点も、「鉄道愛好家」一人一人が協力していくべきなのかもしれませんね。

最後は別に大きなトピックにするほどではないんですが、4/30(始発駅基準)に運行される上野発勝田行き最終(上野23:12発)が、水戸~勝田間が部分運休となり、バス代行となります。
水戸駅構内の工事によるものなんだそうですが(おそらく「電留線」とのかかわりがあるはず)、最終で勝田まで行かれる場合は、水戸で乗換となります。これ以外の列車は変更などありません。

それにしても、小美玉市長選はけっこう重要なカギを握ったりするんですよねえ…。ちょうど「みんなでカシノリ」イベントの翌日が投票日なんですが、この結果如何で「対策協議会」がどう動くか、ということになるんじゃないかな、と感じます。

ちなみに、昨日「ニュースウォッチ9」を見ていたら、北見→置戸間の最終列車の生中継をしていたんですけれどね、こういうのってややもすると「お涙頂戴モノ」になりかねなかったりするわけで(現にそうだった)、「鉄道がバスに替わる影響」というものとか、その背景とか、そういうものをしっかり報道してほしいなあ…なんて思ったりもします。

ということで、今日はこのあたりで。
スポンサーサイト
編集 / 2006.04.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1017位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
81位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。