スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
「ガイドブック」追記。
カテゴリ: かしてつ問題
以前、「鹿島鉄道の沿線ガイドマップがない!」なんて話をしましたが、とある方からメールをいただきまして、「眺望絶景 鹿島鉄道沿線ふるさと街歩きガイド」を対策協議会が作成していたとの事。鹿島鉄道ホームページを確認したところ、2003年春に鹿島鉄道各駅などで配布していた模様。ただ、最近は配布しているのかどうかは不明。

そんなわけで、補足などをまとめておこうかというのが今日の主旨。


「鹿島鉄道」が地域に対してどのように役立つのか、というものをいろいろ紙に書き出しているのですが(実はしゃべった話を忘れていることが多い…だから「テレコ」をおいてあとで書き出したほうがいい、ってことにもなっちゃうんだけれど…笑)、個人的にまとめたところではこんなところになりました。

・「教材」としての活用。
→例えば、「遠足」に使うとかいうものもありますし、「バイオディーゼル燃料」との絡みで「地産地消」という考え方を学んだり、そんなことができるかな、と。また、小さいうちから「公共の場所」を体験しておくことで、将来的な「公衆道徳」のようなものを学べるのではないかな、と。
(ちなみに、昨日放送された「難問解決!ご近所の底力」を見ながら、「やっぱり昔っから公共の場所に出してこなかったのに起因するんだよなあ」なんて思ったりしておりました)

・「かしてつ沿線名産品」のPR媒体
→別に車体広告を出さなくても、「観光要素」のひとつとして取り上げてみるのもいいかな、と。「かしてつネット掲示板」でご意見をいただいたのは、「鹿島鉄道の沿線の甘味などの「食」の食べあるきツアー」のようなものをできないかな、という話。玉造町や石岡南台にも美味しいお菓子やさんなどがありますし、定番の「鉾田駅のたいやき」というものもあったりします。
(もしくは、「スタンプラリー」ってのもありじゃないかなあ、とか。フリーきっぷを使って甘味どころを巡る…イメージとしては京王の「高尾山」がらみのものかなあ)

・「かしてつ存続支援団体」の設置
→個人的には、存続を支援するための市民団体がしっかりしている必要があると感じていたりします。なので、様々な存続運動や支援活動を統括し、鹿島鉄道と連携できる組織をひとつおく必要があると感じています。

余談ですが、前述の「ガイドブックがある」旨メールをいただいた方に「撮影ガイドくらいだったらあなたが適任では?」というお話をいただきました(笑)。うーん、存続できることが確定したら作ってみる価値はあると思うけれど、今はねえ(笑)という気分だったりします。それよりも、「乗ってもらう」ものを先に考えないといけないかなあ、なんて。

とりあえず、今日はこんなところです。ちなみに、後日改めての紹介となりますが、ふるさと銀河線の一部区間(陸別~川上間9.8km)を公園として整備し、そこの区間で廃車となる車両の6両を譲り受けた上で動態保存する計画が出ているとの事(おそらく「鉄道事業法」の対象から外れるように計画を組むはずなので、「保存鉄道」に近い形態でのものになるかと思います)。この話題については改めて紹介しますが、「レトロ車両の保存」に関する問題について、鍵をとくきっかけになる様な気がしています。

そんなわけで、今日はこのあたりで。
スポンサーサイト
編集 / 2006.04.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1588位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
106位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。