スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TNH2006.2.28版-豊橋行きがまだ決まらない。
カテゴリ: Transport News Headline
今日で2月も終わり。3月となるともう「春」って気分ですが、ボーっとしているとすぐに蒸し暑い夏が来ちゃいます。そして、1年の半分があっという間に消えていきます。

とりあえず、今日もニュースを紹介していくことにします。


秩父鉄道の急行の新車。
秩父鉄道ホームページより。
秩父鉄道に久しぶりの新車登場、ということで、急行用6000系が3/15から営業運転に付くとの事。ポイントは、その「種車」。

一瞬「どこの会社からもらってきたのか」見当がつかず、いざ見当がついたところで今度はそれが「西武新101系」なのか「西武3000系なのかわからず。当の資料にはその旨は記載されていないのですが、側面のデザインを見るとおそらく西武新101系の改造車だろう、と。

西武時代との改造ポイントを見た目からまとめておきます。
・カラーリング(3000系をほぼ踏襲)
・中央ドアを埋め込み(不自然な一枚窓でまとめてある)。
・正面部に列車愛称表示機(LED)を新設。
・正面部行き先表示のLED化、側面部の行き先表示新設
・正面部ヘッドライト・テールライトを一体化。
このほか、半自動回路の新設やドアチャイムの新設、車内のクロスシート化などが行われているようです。

ちなみに、4/1は熊谷~秩父間で臨時列車1往復(急行)を運行するなどのイベントを実施するとの事。詳細は秩父鉄道ホームページを確認の事。

…個人的にはLEDの愛称表示機が非常に不恰好な気がするのは気のせいでしょうか?165系改造車の3000系よりもデザインのまとまりが良くないのが残念といえば残念です。まあ、ヘッドマークの別途取り付けよりはさまざまな面でよいのかもしれませんが…。

豊橋鉄道3100形さよなら運転の情報(補足)
豊橋鉄道ホームページに詳細記事がありましたので、補足しておきます。

<3/4(土曜日)>
・3100形3両を、9時~17時の間営業運転に投入。
<3/5(日曜日)>
・3100形3両を午前中の間「さよなら運転」として運行。
(豊橋駅前を11時台に発車する赤岩口行き3本が「最終列車」となる)
・部品販売を12時30分から赤岩口車庫にて実施。
・13時~14時の間に撮影会を実施。3100形3両と780形3両を並べて実施。

以上が行われる内容です。詳細は豊橋鉄道ホームページにて確認して下さい。余談ですが、3102号車のカラーリングはどうなるんですかねえ。

ビックカメラSuicaカード登場。
JR東日本ホームページによる。
まあ、もっとも私には縁がないことが判明したのですが、概要は以下の通り。

・「ビュースイカ」と「ビックポイントカード」が一体化したもの。
・ビックポイント→スイカチャージへの移行が1000ポイント(=1000円分)単位で実行可能。
・ビックカメラでのクレジット払いでも、ポイントは現金の場合と同じ、というのを基本とする。

メインのポイントはこの3点でしょうか。
まあ、評価できる点はありますが、前年に「クレジットの利用」がない場合は翌年の年会費が500円かかるなどのデメリットもありますんで、まあ、私にはやっぱり縁がないんだろうなあ…スイカ。

プレミアムドリーム号登場。
JR西日本ホームページより。
東京~大阪間の移動で「よりグレード志向」を求める人たち向けに「プレミアムドリーム号」なるバスが登場するとの事。
設備は1階と2階で異なっているとのこと。各階の設備は以下の通り。

★1階席
・「プレミアムシート」を搭載。このシートは足を自由に延ばせるほか、寝返りが打てるシートとなっており、「眠るためのシート」として開発されている。
・シートごとに「地上波デジタル対応テレビ」を搭載
・除菌滅菌機能付き空気浄化装置を設置
★2階席
・現在の「スーパーシート」から改良を加えた「新型スーパーシート」を搭載。
・FM文字放送受信機(LED表示)
・除菌効果付イオン空気清浄機を設置

東京~大阪間の運賃は1階席・2階席で異なっており、1階席が9910円、2階席が8910円となっています。
なお、「プレミアムドリーム号」登場に伴って、現在のスーパードリーム号を新宿~大阪線に投入することになりました。

以上の改正は…いつやるんですか?
おそらく4/1からだと思うのですが、このJR西日本リリース分からはそれが書かれていないようでして…。ちなみに、大阪エリアでは3/29に体験乗車ができるとの事。事前申込などはJR西日本ホームページ参照。
…これも、おそらく縁がないんだろうなあ…。

岐阜路面電車線再生の効果は?
中日新聞岐阜版より。

岐阜路面電車再生を目指す「岐阜地区新鉄道設立準備室」が、27日に出した「環境政策研究所」の費用対効果の調査結果を発表。
それによると、30年分の「経済効果」が302億円に対し、「事業コスト」は95億円と試算された。

試算のベースになったものは準備室の事業計画書。これを元に、前述のシンクタンクが国土交通省のマニュアルを元に分析した結果。
新聞によると、「利用者の移動時間短縮・移動費用節減に関する分」が159億円、「道路交通への負荷軽減分」として61億円などが「経済効果」として出されている。
(※今回の試算の「経済効果」には、副次的な経済効果(沿線商店街の活性化など)は含まれていない)

この分析結果をどう読み取るか。「予断を持った分析」ではないと個人的には思うので、この結果は事業化にとってプラスの要素ではないか、と感じます。
もっとも、「名鉄が資産譲渡に応じる」ことや「鉄道経営」に関する面での不安が完全に払拭されるかどうかはまた別の問題ではあるのですが…。少なくとも、今回の結果によって事業を行う意義はある、という理解は出来るのではないでしょうか。

ことでん、着実に再生中。
共同通信、毎日新聞記事より。

ことでんはそごうの問題に関連して民事再生法の適用を受けた鉄道事業者ですが、その「再生期間」が完了するに当たって、沿線自治体や四国運輸局などで構成される支援委員会の最後の会合が開かれました。
この委員会で出た意見をまとめると、「ことでん自体は計画を上回る運賃収入を上げる」点などを評価する一方で、「地域交通の活性化には以前課題が山積している」との事。

2002年の民事再生法適用以降、様々な点が変わったことでん。接客レベルが大幅に改善したり(話によると「接客態度」は雲泥の差らしい)、車両の冷房化率や更新が進捗したほか、何よりもICカード「IruCa」の導入が大きかったのではないでしょうか。そういう点を考えていくと、「ことでん」の変わり方は大きかったのではないでしょうか。

その一方で、公共交通全体の活性化には依然課題が多いとのこと。おそらく、香川に関しても自家用車への依存度が高くなっているのではないでしょうか。この問題に関しては行政も引き続き対策を考えていくべきではないかな…なんて思ったりします。
ホント、西日本には「訪ねたい街」が多いですねえ…。

最後に、2/25の余話を軽く。
JR石岡駅に20時50分過ぎに到着。まず、最初にみどりの窓口のおじさんに「オレンジカードをください」と駆け込む私。
すると駅員さんは「フレッシュひたち・橙」の1000円券を示して「これしかないけれど、いい?」と聞いてきました。
…ややもすると券面デザインなんか聞きゃしないのに(笑)、ちゃんと聞いてくださる駅員さんがいるのには頭が下がります。
続いて、自宅最寄駅。
特急乗車時に、高田馬場までの乗車券(1450円)を自宅最寄駅までに区間変更してもらい、その車内補充券を駅員さんに「記念にほしい」旨を言うと、たいていは適当に無効印を押して渡すんですが、この日はやたら時間がかかる。
すると、乗車券を私に戻す際、「文字が隠れるからここに無効だけ押しておきました」との事(ちなみに、通常は上段に「無効」、下段に「駅名」が入っている)。ちゃんと気を使ってくださる駅員さんもいるんだなあ…と、そんなことを思った次第です。

ちなみに、明日青春18きっぷを買ってくるつもりでおります。せっかくなので、例の「Kaeruくん」を試してみようかと思います。発券拒否されたらその時考えますが(笑)。
ということで、今日はこのあたりで。
スポンサーサイト
編集 / 2006.02.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
94位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。