スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
JR各社、ダイヤ改正の概要を発表(その2:JR西日本・四国・九州・北海道)
カテゴリ: TransprtNetworkコラム
先日紹介したJR各社のダイヤ改正発表内容をまとめて紹介しようと思います。今回は、先日紹介できなかった残りのJR西日本・四国・九州・北海道の各社分です。
ダイヤ改正実施日は2006.3.18です。


JR西日本・新幹線(JR東海発表分除く)
・広島を6時・8時・19時台に出る東京行きのぞみを各1本増発、東京16時・18時台に出る広島行きのぞみを各1本増発(いずれも広島~岡山間延長)。
・新山口停車「のぞみ」を8往復から10往復に拡大。
・徳山停車「のぞみ」の時刻変更
・「ひかりレールスター」のうち、新大阪・博多を朝夕に発車する2往復(8時・17時台)を「速達タイプ」(新神戸・岡山・福山・広島・小倉に停車)に変更。
・三原駅に「ひかりレールスター」1往復が新規停車。
・ひかり390号(広島→名古屋)のほか、こだま上下各18本の一部・又は全区間の運行を取りやめ。
・博多南線博多→博多南間2本を18時・19時台に増発。朝博多行き1本を8両編成に変更。

JR四国
・新幹線との接続改善を実施。「南風」と博多方面新幹線の接続が「のぞみ」に変更となり、平均で下り14分、のぼり7分の時間短縮。
・高松方面→東京方面間や、松山方面→名古屋方面、高松方面→名古屋・京都方面の最終接続列車の時間繰り下げ、名古屋・京都方面→高松方面の始発接続列車の時間繰上げが実現。
・予讃線特急「ミッドナイトEXP松山」の終着駅を伊予西条から新居浜に区間延長。
(以下2項目は2005.6.1から実施)
・徳島~阿南間特急「むろと」2往復を夕方に増発。
・土佐山田~窪川間の普通列車の一部の車両を置き換え。これに伴い、同区間の普通列車時刻を一部変更。

JR九州
・豊肥本線武蔵塚~三里木間に「光の森」駅を開業。普通列車のほか、特急「有明」13本と九州横断特急8本が停車(特急「有明」のうち、3・5・7・9・15号(博多または小倉発)と12・18・20・22・24・30号(博多または小倉行き)は光の森発着に変更)。
・九州新幹線「つばめ202号」始発駅を新水俣に変更、「つばめ203号」川内→新水俣間を定期列車化
・門司港発16・17・18時台の「折尾行き」普通各1本を遠賀川まで延長。
・中判田駅に九州横断特急全列車が停車。
・延岡駅21時台発と南宮崎行き特急「ひゅうが」、宮崎駅19時台発の宮崎空港始発延岡行き特急「ひゅうが」を増発。

JR北海道特急・急行列車(JR東日本ほか発表分を除く)
・函館駅での「白鳥・スーパー白鳥」と「北斗・スーパー北斗」の接続本数を16本に変更。本州→札幌方面では1本、札幌→本州方面では2本を追加。
・「スーパー北斗」「スーパー白鳥」の時間を変更し、所要時間を短縮。
・「スーパー白鳥24号」(改正前「白鳥24号」)を新たに木古内に停車。
・北斗4号を八雲に、北斗11号を森駅にそれぞれ停車。五稜郭駅停車列車を北斗11号からスーパー北斗21号に変更。
・札幌~旭川間特急「ライラック」1往復増発。また、旭川→札幌間の特急のうち、現行の「ライラック2号」は「スーパーホワイトアロー4号」に変更。旭川駅の発時刻を6分繰り下げ。
・札幌→旭川間の「スーパーホワイトアロー」を2本増発。また「ライラック」1本を廃止し、20時~23時までほぼ1時間間隔での運行に変更。
・旭川→札幌間の夕方・夜間の特急列車の発車時間を変更するなどし、17時~22時台の特急列車運行間隔を30分~1時間間隔に変更。
・札幌行き「サロベツ」の停車駅に砂川・美唄を追加。
・スーパー宗谷1・2・4号の時刻変更を実施。稚内・札幌双方の滞在時刻を拡大。
・「利尻」「オホーツク9・10号」を季節列車化。
・道内相互発着の特急列車と急行「はまなす」を全面禁煙化。

JR北海道 普通・快速列車ほか
・札幌を7時台に発車する快速「エアポート」を1本増発。
・快速エアポートの小樽駅停車ホームを4・5番線に統一。余市・倶知安方面とは同一ホーム上で乗り換え可能に。
・新千歳空港20:30発以降の快速エアポート全列車が「白石駅」に停車。
・千歳~苫小牧間普通列車のうち、朝方1往復と夜間帯の苫小牧行き1本を増発(従来の千歳行きを延長)。
・学園都市線(札沼線)あいの里教育大~あいの里公園・石狩当別間の列車を増発(あいの里公園までは上り4本下り5本、あいの里公園~石狩当別間は1往復の増加)。
・朝方、手稲→札幌間、札幌→江別間各1本を増発。
・張碓(函館本線・臨時駅)、中富徳(札沼線)、智東(宗谷本線・臨時駅)、南下沼(宗谷本線)、新栄野(石北本線)、東幌糠(留萌本線)、旭浜(室蘭本線)の7駅を廃止。
・吉岡海底駅への定期列車の停車を取りやめ(新幹線工事に関連するもの)。イベント列車のみ停車へ。

すごく内容が多くなりましたが、以上が主な内容との事なんですが、一応、改正のポイントを整理しておきましょう。

・JR西日本の改正発表について
確か、以前のニュースでは「所要時間見直しを含めたダイヤ改正を実施」として、アーバンネットワークのダイヤ修正をこのダイヤ改正で実施する予定になっているのですが、それについての発表がない。…単純に発表が遅れているだけなのかどうか、それとも発表しないままダイヤ改正のみを実施するのか、その辺が不明瞭な気がします。
・「利用率が低いので廃止」という現実。
「出雲」「かすが」ともそうですが、結局のところは利用が低いから…という理由をもって廃止するケースが目立ってきている様な気がします。特に寝台特急の凋落ぶりは言うまでもないのですが、その背後には「夜行バス」という低価格帯での移動が出来る手段があったり、個人的には「寝台料金が高すぎる」と思ったりするのですけれどねえ。特に、「寝台料金の高さ」を考えると、前日新幹線などで移動してそのままビジネスホテルに泊まったほうが安いんじゃないか、と思えるくらいですし。
ちなみに、最近思うのは「急行」「快速」の差がほとんどない事。芸備線の場合は停車駅で若干の差がありますが、津山線の場合はほとんど差がないようにすら感じます。まだ「古い特急車を使った」急行なら話は分からなくもないのですが、かすがの場合は「快速と同じ車両」ですからねえ…。

そんなわけで、「ダイヤ改正」ならいいけれど、時として「ダイヤ改悪」に陥るケースがないとは言えないんですよね。常磐線特快に関しても、今回も引き続いて「土浦~上野間折返し」が特快列車になるみたいですし(ホント、土浦で20分以上待たされますからねえ)、もう少し改善を望みたい…というのが事実ですけれどね(もっとも、最後の期待としてE531系に全部置き換わったら実現してくれないかなあ…とは思うのですが)。
ということで、久しぶり(の様な気がする)JR6社ダイヤ改正の話題でした。
スポンサーサイト
編集 / 2005.12.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1317位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
94位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。