スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
変わる県南-つくばエクスプレスと関鉄とプリン
カテゴリ: TransprtNetworkコラム
茨城県南部。このエリアをさす場合に「県南」ということがあるのですが、つくばエクスプレス開業などが影響している地域がこの「県南エリア」。だいたいはつくば・土浦を中心としたエリアで、石岡なども県南に含まれるようです。

その県南にまつわるニュースをいくつか。


TX開業から3ヶ月…その結果は?
つくばエクスプレス開業から早3ヶ月。そろそろ開業フィーバーも落ち着いてきたころではないかと思います。ただ、筑波山へのシャトルバスを増便しなければならないほどの人気、というのはすごかったですねえ。
茨城新聞の11/24付け記事を元に紹介しておきます。

まず、つくばエクスプレス関係の実績をまとめておきます。
・乗車人数:1日平均15万人程度。初年度需要予測13万5千人を超えている。
・乗降人員の多い駅:順に「秋葉原」「北千住」「流山おおたかの森」「つくば、南流山の各駅」「守谷」の順。つくばを除くと他鉄道線との接続駅。
・2010年度に27万人/日を目標。

個人的に気にかかる点をまとめておくと…
・2010年度目標値の背後には住宅販売等による沿線人口増加を見込んでいる点。仮にこれが頓挫すると大変なことに…。
・とりあえず開業フィーバーは一段落したころだと思うので、この先の乗車人数の値が少なくとも横ばいでないと2010年度目標値の達成が怪しくなる気がします。

まあ、当たり前のことを並べ立てただけかもしれませんが(苦笑)、これからの鍵は沿線人口が上手く増加するかどうかにかかっています。

一方、TX開業によるあおりを受けるのは関東鉄道。記事によるものをまとめておきます。
・高速バスつくば~東京線は関鉄見込み4割減を上回る6割減となっている。また、常総線自体も全線で2割減と苦戦中(特に取手駅乗降人員が1万人減少しているとの事)。
・つくば駅~筑波山間のシャトルバスは満員状態が続いているという。関鉄はこの「筑波山人気が恒常的なもの」であるとしたらパーク&ライドなどを導入する新事業を起こせるのでは、と期待を寄せている。
ちなみに、常総線の乗客減に関連して、12/1からは日中も快速列車を運行するとのこと。

常総線乗客減に関してまとめておくと…
・取手駅乗客減少はおそらく従来JR経由で都心へ向かっていた乗客が守谷・TX経由に振り替えたもの、と推定できます。
・全線の乗客減は、守谷駅やその付近の住民が常総線を利用せず直接TXに乗車した可能性をあげられるかと思います。このほかには鉄道からほかの交通(自家用車など)への転移、人口減少などがあると思うのですが…。

一応TX関係のニュースは以上なのですが、これまでくっきりと明暗が分かれてしまう、というのもまた複雑な気分です。

おみたまプリンとタマゴプリン
同じく茨城新聞(11/22付け)から。
小川町(言うまでもなく、鹿島鉄道常陸小川駅北側にある街)商工会が企画・製造したのが「おみたまプリン」。記事によると、地元の鶏が産んだ卵(産卵開始1ヶ月以内の初生卵)などを用いて、東京の洋菓子店に委託して製造。器は天心焼の陶器(北茨城市で生産されたもの)を用いた…との事。
まあ、驚くのは価格で2個6825円。今月末までの期間限定で100セットのみの発売との事。

まあ、私自身はこの価格に驚いてしまったのですが(苦笑)、やっぱり「そんなに高くなくても美味しいプリンが食べたい!」と思われる方が多いかと思います。…そんなあなたに朗報。

とあるお店にて。
お店の「冷たい飲み物」を収めるケースの中段部あたりにいつもさりげなく控えているプリン。周囲はチーズなどに囲まれているのでなんとなく肩身が狭そう。
ただ、このプリンが「只者ではない」プリンだったんですねえ。

お店でいただいた資料によると「県内産(=地元)で生産された牛乳・タマゴを新鮮なうちに」プリンにするのだとか。要点を記しておくと…
・牛乳と卵はポストハーベストフリー(収穫後に保管や移動中の劣化を防ぐための農薬を用いていない、という意味)の飼料で育った牛・鶏からのものを使う。
・牛乳は集めたその日のうちに使う。
・液卵ではなく、普通の卵を製造時に割ってすぐ使う。
・安定剤・凝固剤などは用いない。

との事。原材料の欄を見るといちばんわかりやすいのですが、「○○剤」なんて文字は見当たらないんですねえ。あらびっくり。
…もっとも、普通のプリンの作り方をしてプリンを作っているんだから、当たり前といえば当たり前、なんですけれどね。

まあ、この話は最近このブログでよく取り上げる「しばのや」さんの話なのですが、「しばのや」のある石岡市内にタマゴプリンの製造元があるんだとか。
実際、「しばのや」さんがその製造元を訪れ、そこで聞いた話や実感した話を元にして書かれたのが「タマゴプリンがやってきた」というリーフレット。読み物としてもなかなか面白くて、タマゴプリンをいただきながら読んでみるのもまたいいかもしれません(…っていまもあるのかなあ…?)。ちなみに、1個80円で3個だと230円。本物志向のあなたにお勧め。

※ 一応補足。
・おみたまプリンは小川町商工会が問合せ先となります。
・タマゴプリンは「しばのや」さん(石岡市仲町商店街)で販売されています。
間違った先に連絡を取られないよう、一応補足しておきます。

プリンの話を書いていたら、実際にその「タマゴプリン」をまた食べたくなってきました(苦笑)。先日石岡に行った際には財布の中身がなくって(滝汗)泣く泣く断念したあのプリン。…石岡にお立ち寄りの際は…なんて言わず、タマゴプリン目的で行くのもありかなあ…なんて思ったりします。

…そういえば、つくば~石岡って高速バスくらいしかまともな移動手段がないんですよねえ…。あとは土浦・常磐線経由で出るか。高速バスのみのほうが安いはずなんだけれど、石岡バス停から石岡駅付近まで当方の足で25分くらいかかりますからねえ…。

まあ、そんなわけで、県南が少しずつ変わってきているようです。もっとも、プリンの製法はいつまでも変わらないのですが(笑)。
スポンサーサイト
編集 / 2005.11.24 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
102位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。