スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
常陸小川とかしてつとベスパ。
カテゴリ: TransprtNetwork特集
鹿島鉄道とベスパの共通要素は何か。
それは「古いものを現役で生かして使っている」ことにあるんじゃないか。

今回は11/5に鹿島鉄道常陸小川駅で開催した「かしてつ&ベスパ」のイベントの話を中心に紹介してみたいと思います。


ベスパとは?
50年以上前から製造されている歴史のあるバイク。話によると、もともと航空機を製造していたメーカーが、その航空機で培った技術を転用して製造されたんだとか。
ちなみに、ベスパの語源はイタリア語で「スズメバチ」を意味するんだとか。ただ、「スズメバチ」から連想される恐いイメージはなく、とても愛らしいデザインだと感じました。

常陸小川にベスパが大集合。
今回、ベスパをこよなく愛する団体である「Vespa Club IBARAKI」が、ベスパ+かしてつという一見不思議な組み合わせの企画をすることになりました。
11/5。直前まで天気予報は「雨」。それを主催者の「気合」で(笑)晴天に変え、ツーリング日和となりました。

10時前に常陸小川駅前に集合したベスパ。貨物倉庫横のスペースに止めてみると、その周囲と見事に調和するんですね。カフェ・スペースにはベスパクラブの方のコレクションを展示させていただいたり、ベスパ自体も数台停車させ、この周囲だけイタリアンな雰囲気が流れておりました。

昼下がりの常陸小川駅。
ベスパクラブの方々は10時44分発鉾田行きに乗車し、14時3分着の列車で小川に戻ってきます。その間もカフェ自体は営業させているので、ちらほらとお客さんがベスパを見学にこられたりします。
その中のお二方と話をする機会があったのですが、そのうちの1人は昔小川に住んでいたとの事。それで、「石岡」は小川の住民からすると憧れの街だったそうで、鹿島鉄道に乗って当時あった百貨店(コーキ・西友)へ出かけるのが楽しみだったんだとか。

ひとついえることは、「鹿島鉄道」をきっかけとして昔のことを思い出したりすることがある、という事。そのかたも、たまに乗りたくなって鹿島鉄道に乗るんだとか。

常陸小川の駅に居ると、「何かイベントがある」と大々的に告知しなくても、様々な地域の方がいらっしゃるんですよね。その様々な地域からいらした方がまたその地元に帰ってきてこの街の話をしてくださるとうれしいですね。

今回のイベントはいつものイベントとはまたちょっと異なった雰囲気で、こういう雰囲気もまたいいなあ…と思いました。一見すると、バイクと鉄道の両方をまたぐイベントって成立するのかなあ…なんて思ってしまいますが、それが見事に成立するんですね。バイクのほうがメインだけれども、鉄道も嫌いじゃない、って方もいらっしゃるわけですからねえ。
第2弾・第3弾と考えているようですので、またカフェ・キーボーとの共催という形になると思います。その時にはまた様々な形でお越しいただけると非常にうれしく思います。

実際、不思議なもんで、そのイベントの合間でたまたま別の自動車雑誌の撮影が行われていたんですね。お昼ごろでしたが、実際そういうスペースとしても利用されているようでした。
そうやって考えてみると、「鹿島鉄道」をどう捕らえていくのか、どういう方向性を持たせて存続させるのか、という方向性が重要になってきます。それは同時に周辺の街の方向性をも左右させることになる様な気がします。それだけに、「無策のまま」廃止するのが一番無駄な様な気がしてもきます。

今回のイベントはそんなに難しい話を考えなくてもよかったのですが(ベスパとかしてつの雰囲気がマッチする…というのに感動すればまずOKです)、今振り返りながら、そんなことを思った次第です。

そんなわけで、今回のイベントをざっと振り返ってみました。
スポンサーサイト
編集 / 2005.11.07 / コメント: 1 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
89位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。