スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【北へ】総集編最終話「Farewell Songとともに」
カテゴリ: TransprtNetwork特集
6月13日の20時半過ぎに出たスーパー白鳥。青函トンネルを抜けて青森へ…というところから話が再開します。そして、一気に帰京しますよ。感動のフィナーレまであともう少し。


まずはつぶやきから。

「スーパー白鳥なう。いよいよ北海道を離れます。あっという間でしたねえ。」
(6/13 20時半頃 函館駅停車中車内より)



いやぁね、あっという間に函館からはなれていくんですわ、スーパー白鳥。ゆきと違って、知内も津軽今別も通過しますよ。ちなみに、789系だと丁寧に青函トンネルのカウントダウンをしてくれるので、こちらの方が観光的には何かといいです。さすがJR北海道の車両(笑)。
ただ、半分眠いので寝ようと思っていたら、通路の反対側の集団のうちの一人が吐き気を催していて吐く寸前なの。青函トンネルのど真ん中だってのに。で、私すかさず手元にあった、さっきまでお酒(ネクターピーチのサワー)とつまみのさきいかが入っていたレジ袋を渡して、なんとか周囲を汚さずにすませましたとさ。
…485系だったら、同じ行動とってただろうか…(笑)。

ってな具合で青森に戻ったら、やつが止まってました。

P6130853s.jpg
△ 急行「はまなす」(青森)

そう、まなちゃん…じゃない、急行「はまなす」。この日はなんか、撮影が入っているらしく、カメラマンとJRE企画の担当者らしき人とレポーターさんが車両の前で撮影してました。


翌日は午前6時に駅へ。

「青森なう。あと40分ほどで特急に乗ります。眠い。そしていなほとまなちゃん(=はまなす)を撮る元気はなかったのでした…。」
(6/14 6時頃 青森駅周辺にて)


会社の出社はお昼過ぎにしてあるので、6時の「つがる」から帰京スタート。で、そのつがるが789系なのね。
P6120233s.jpg
P6120232s.jpg
△JR北海道789系「つがる」(青森 この2枚は6/12撮影)

そうなのですよ。運用の都合らしく、「つがる」なのに789系が充当されているラッキーな列車なのですよ。
今回、結果的には八戸~弘前・函館間で使用される3つの特急電車乗り比べとなりましたが、座面が移動できるJR東日本の車両の方が、ちょっとよかったかも。

P6140858s.jpg
△ JR東日本485系・701系(青森 以下6/14撮影)

P6140860s.jpg
△ 急行「はまなす」用14系(青森)

「いなほ」は本来の発車時刻がすぎていたのですが、信号トラブルらしく発車が遅れていました。結果、20分程度遅れての出発となり、撮影できたのでした。一方の「はまなす」はDE10での牽引準備がされており、ED79は見つからず、という状況。
ちなみに、14系はだいぶ老朽化してるのがよくわかりました。新青森開業で何かありそうな気がするなあ、という印象。

「特急つがる6号なう。昨日の「スーパー白鳥」がそのまんまつがるに(笑)。」
「ちなみに、いなほは信号トラブルで発車が15分遅れたのでなんとか撮影。」
(6/14 6時50分頃 「つがる」車内より)


ということで、青森から八戸まで「つがる」のお世話に。さすが平日、サラリーマン多かった。
(あと、三沢の十和田観光鉄道は今後の撮影課題かなあ)

八戸で乗り換え。約15分あったので、八戸線の車両を撮影。
P6140864s.jpg
△ JR東日本キハ40系(八戸)

そして、駅構内の弁当屋さんで海鮮丼を購入し(ホタテといくらがいっぱい乗ってたのが決め手)、新幹線に乗車。東京までのラストランナーです。
P6140867s.jpg
△ JR東日本E2系「はやて」


もちろん、前日からの疲労は蓄積されたままですので、移動中も半分寝たような状態。

「盛岡なう。こまち連結を見る余力はさすがにないわ…。」
(6/14 8時頃 盛岡駅にて)


はやてーこまちの連結を見る余力もなく、引き続き体力温存に励んでおりました。仙台から小山あたりまではほとんど寝て、次に気づいたのが利根川を超えるところ。そう、東武・南栗橋車庫が見えるあたり。

「南栗橋の車庫を過ぎました。東京はすぐそこ…帰ってきましたね。」
(6/14 10時半前 「はやて」車内より)


南栗橋の車庫を確認、東京まで残り約30分。名残惜しい気持ちとともに、帰ってきたのでした。


今回、「鉄道むすめ」「AIR」「北へ。」という異なる3つのお話をベースに旅をしてきましたが、2日間がものすごく濃密なものになったと思います。観光もして、電車にも乗って、鉄道むすめにも接してきてね。
実は、いろんな「今後に生かせるような発見」もありましたし、今回の旅はすごく充実した、楽しい旅でした。

「鉄道むすめ」やそのほかのキャラクターに携わった皆様、「AIR」の舞台情報を掲載されていたサイトの方、そして函館市交通局の方、本当に楽しかったです。楽しい旅の一端を担っていただき、ありがとうございました。

フィナーレを「FareWell Song」(「AIR」エンディング曲)で飾ってみようと、大宮辺りから数回聞いてみましたが、すごくいいエンディング曲なんですね、これ。
「もう、ゴールしてもいいよね?」

そして、無事ゴール。

「無事帰京しました。そのまま出社します(笑)。ボイス機能の実況はここまで。ありがとうございました!」
(6/14 11時半頃 出社する電車車内より)


ということで、無事完結。

だけど、きっと新しい物語が、私を待ち構えているような気がします。
そのときはまた、よろしくね。
スポンサーサイト
編集 / 2010.06.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
105位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。