スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【北へ】総集編その7「かれんさん電車堪能の巻 Part2」
カテゴリ: TransprtNetwork特集
おかげさまで、まだ連載が終わらないんですが(爆)、スピードアップしていこうとは思っております。
問題は、それにしても伝えるべき内容がまだありすぎること。今回の「北へ」では、それだけ充実した2日間だったのかなあ、と思っております。

さて、今日は湯の川電停から始まります。


湯の川温泉電停そばの足湯を後にした私、歩いて湯の川電停へ。
P6130683s.jpg
函館市電の終点はどこもそうですが、スプリングポイントを用いているせいか1線折り返しになっています。いたって普通。

P6130687s.jpg
もちろん、「ゆの」の命名元の電停ですから、こういうのも撮影しておきます。

P6130694s.jpg
時間があったので、付近の神社へ。こういうところも、うまくしかければ何かできるんじゃないかなーとか。

P6130697s.jpg
歩道橋から電停を望む。電停の手前側に交差点があり、交通量はかなり多めでした。

P6130703s.jpg
某サイト(笑)の影響で、つい車止めを見てしまいましたが、こちらは比較的頑丈。コンクリートブロックがあります。

P6130714s.jpg
P6130717s.jpg
P6130725s.jpg
らっくる号到着までの間、せっかくなのでフィギュアとともに撮影を。2枚目の写真ですが、運転手さんが女性でして(笑)。さぞかし残念さに磨きがかかっていたんじゃないかなあ、と。

「湯の川電停で松風かれんを使って撮影中。そしてホンモノが運転してた…(爆)。」
(6/13 12時頃 湯の川電停にて)


そして、12時台の「かれんさん電車」で谷地頭へ。座ったのは一番後ろの席。で、気になったことがありまして。
P6130729s.jpg
行き先表示の地がオレンジなのですよ。そういえば、昨日9602号(2系統充当)に乗ったときも確かに赤かったけど、車両ごとに分かれてるもんだとてっきり。そして、地の色が違うということは、「湯の川電停」も撮り直さないといけません。それはつまり、「もう一度湯の川に戻ってくる」ことを意味していました。
mixiボイスのつぶやきでも、こうつぶやきました。

「かれんさん電車なう。背景がオレンジ色なんですけど(滝汗)。」
(6/13 12時半頃 湯の川→谷地頭間かれんさん電車車内にて)


まあ、仕方ないと心を決めて、まずは湯の川→谷地頭間で撮影。
P6130735s.jpg
P6130739s.jpg
P6130741s.jpg
今回乗ったら、お客さんがかなり多かったのが印象的でした。

乗った電車でそのまま函館駅前まで戻り、お昼ご飯にしようとしたら9602号車が登場。なので、撮影。
P6130760s.jpg
△ 函館市交通局9600形(函館駅前)


ここで昼食にすることにして、函館駅前のベタなところでイカの活き造りを頼みまして。
PA0_0225.jpg
うん、1500円くらいだったかな。「ま、いっか」と思ってね(ニヤリ)。

ちなみに、これを待っている間にまあいろいろ書きましたよ。

「函館に来たら、イカを食べなきゃいかん!ってダジャレを言いたい自分が一番いかんと思う。そして、イカ頼んじゃった。高いのになあ(笑)。いかんなぁ…。」
「真イカの活き作り、高いけど…ま、いっか(しつこい)。」
(6/13 13時50分頃 函館駅前そばの食事どころにて)


確か、数日前にも「イカ」にちなんだニュースがあって、それについてダジャレを混ぜてつぶやいたのがウケたのが敗因かと。…要は、「イカのダジャレが言いたい」だけです。間違いないです。

でもね、やっぱりイカの活き造りを食べるなら「イカの足」は重要なのですよ。吸盤がポイント。「きゅ~」ってならんにゃ食べた気がしない。…吸盤は吸い付いてくれました。
(あれって、目とか食べるものなのかなあ?食べたけど。ちょっと辛かったけど)
うん、でもこれでいかが食べられたので満足。


函館の名物の踊りに「函館名物いか踊り」ってのがあるんですよ。
函館商工会議所ホームページの中に「聞いて踊って楽しめる「函館名物いか踊り」コーナー」ってのがあるくらいなので、ニッチなマニアには有名な踊りなのですよ。
私自身は11年前のラジオ「大橋照子のしゃべり・バビデヴー」の中で紹介されていたのを聞いて、あの独特な節回しと、中途半端に電子音なBGMが頭から離れなかったんですよね~。
12日夜、昭和橋電停そばのイオン系のスーパーで買い出しをしていたときに、この曲と再会しまして(笑)、やっぱりこの独特な曲がたまんないよなあ、と思ったのでした。

函館滞在時間も残り短くなってきました。ラストスパート、がんばります。
スポンサーサイト
編集 / 2010.06.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
116位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。