スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【北へ】総集編その5「ゆのさん電車堪能!」の巻
カテゴリ: TransprtNetwork特集
前回に引き続き。
ここからは「ゆのさん電車」こと「箱館ハイカラ號」堪能が始まります。いやぁ、楽しかった。
そして、暴走気味の私を許してください。


十字街で「箱館ハイカラ號」に乗車した訳ですよ。
この電車、まずは乗車のときから気をつけなきゃいけないのですが、ほかの電車が「後乗り前おり」に対して、この電車は「前乗り後降り」。また、運賃は車内で車掌さんから乗車券を購入するのですが、1日券を持ってるからって油断しちゃいけないんだな、この電車。

…そう。乗車券の券面に柏木ゆのがデザインされてんの。新たなる挑戦かと(笑)。

まあ、そんなわけで駒場車庫前まで乗車したのですが、そのときのmixiボイスをご紹介しましょう。

その1
「リアルゆのさん&2軸単車すげー@箱館ハイカラ号なう。」
(6/12 14時頃 箱館ハイカラ號車内より)



まあ、普通のコメントですよね。
ちなみに、二軸単車は揺れが苦手な人は真ん中に座るのをお勧めします。端っこだとまあ揺れる揺れる。それがすごくたまらないんだけどさ(結果、それが「二軸単車すげー」発言につながるのですが)。

その2
「追記 大事なものを買うのを忘れてました。至急入手しますね(笑)。」
(6/12 14時頃 箱館ハイカラ號車内より)



これがその「ゆのさんデザイン乗車券」だったのですが、どうやって購入しようか迷って、結果次に乗るときに購入することにしました。

その3
「うわ、車庫まで行くの、私だけやん。わーい貸切♪(爆)」
(6/12 14時頃 箱館ハイカラ號車内、五稜郭公園出発後)



うん、乗客が全員五稜郭公園電停で降りてしまいまして、残ったのが私と乗務員のお二人に。
「わーい貸切」とか言ってますが、同時になんか恥ずかしかった(笑)。ね、なんか照れちゃうんだよなあ、最近「鉄道むすめ」な人を見るとさあ(笑)。

さて、駒場車庫前で急遽知り合いから追加発注のあった「らっくる号ダイキャスト」だの「かれんな1日乗車券」だの購入しました。ちなみに、あとから出てきますが、このときつい間違って「柏木ゆののらっくる号」とか言って、窓口の人を不審がらせてしまったのでした(どんだけ「ゆのさん」ブームが来てんだ!)。


P6120467s.jpg
△ 函館市交通局8000形(駒場車庫前)

P6120472s.jpg
△ 函館市交通局30形(駒場車庫前)

P6120473s.jpg
△ 函館市交通局800形(駒場車庫前)

せっかくなので、駒場車庫に止まっている電車を撮影。
写真を見返したら、8000形の写真がいい具合に洗浄中の雰囲気が出てますねえ(笑)。

さて、柏木町に移動。もちろんやることは決まってますよね!
P6120476s.jpg

ってなわけで、「柏木町」と「湯の川」を同時に撮影して「柏木ゆの」ってね(笑)。
P6120480s.jpg
もちろん、ちゃんとゆのさんと撮影。

でね、電停のそばにあったのがスポーツクラブと「まるかつ水産」柏木町店。これらの敷地、すげー広いなあ、と思っていたのですが、どうやら函館市電の車庫が昔あったところなのね。このときは全く知らなかったんですが。
その「まるかつ水産」の中にあるのがなんと足湯。その名も
P6120487s.jpg
「柏木の湯」。なんか惜しい(爆)。

ここでちょっとつぶやきを。

「柏木町なう。先ほど、車庫でダイキャストらっくるを買おうとしてつい「柏木ゆのの」と言ってしまい、自滅(爆)。」
(6/12 15時頃 柏木町電停付近)



前述の通りです。
で、箱館ハイカラ號に再び乗車。

P6120501 2s

やってきましたよ。このときは確かほかにも乗客が若干いたはず。
そして、ここで例の乗車券を記念発券してもらいました。なので、金額部分の券面も手元に残っています。ちなみに、1枚200円なり(乗車自体は1日乗車券などでもできますが、「ゆのさんの入った乗車券」はもらえないので)。

「柏木町→松風町移動なう。大事な「箱館ハイカラ号乗車券」を購入。」
(6/12 15時頃 箱館ハイカラ號車内にて)



ということで、松風町まで移動。
今回の宿泊先は松風町にとっていたので(安かったのと、何かの縁だろう、と思った)、ちょうどよかったかなあ、とね。キャラクターの名字だし、どっちも。

P6120502s.jpg
最後に、車内に掲示されている銅板を。復元にあたってはこんな人の協力があった訳ですね。そんで、今の私の残念な姿もある、と(おいおい)。

ということで、松風町で下車したのでした。


もう1週間以上たってしまったので、12日の残りをざざっとご紹介。

16時頃まで松風町電停で撮影。そのままホテルにチェックイン。
値段(2500円くらい/泊)の割にきれいな部屋でした。

再び外に出て、ご飯を食べるべくうろうろしていたものの、ピンとこないまま数時間さまよってしまいました。
ね、せっかくだから箱館山くらい上ればよかったのにね。

そして函館駅でうろうろしていたら、東北の観光展というパネル展示があったのですが、そこでのmixiボイス。

「函館駅の「東北の観光パネル展」を何気なくみたら、久慈ありすと釜石まなのポスターが貼ってありましたとさ。さて晩御飯どうするかな。」
(6/12 17時頃 函館駅2階にて)



そう、函館駅でまさかの久慈ありす&釜石まなご対面(笑)。
(ちなみに、五稜郭~函館間だけキハ40に乗りました)

結果、ラーメンを食べてホテルに戻り、そのまま飲酒モードになったら一気に眠気が襲ってきて、寝てしまったのでした。上ったらきっときれいだったね、箱館山。

最後のつぶやき。

「ご飯を食べたら一気に疲れが(笑)。ホテル内用の買い出しをして、今日の任務(?)は一応終了。」
(6/12 20時頃 昭和橋付近だと思う)


ちなみに、買い出しは昭和橋付近にあったイオン系のスーパーでした。



ということで、無理矢理1日目を終わらせましたが、まあ終盤戦はそんなところでした。うん、ぐだぐだだった(笑)。この日は夜もらっくる号は運用に入っていたので、ね、撮影すればいいのに(笑)。

まあ、はしゃぎすぎましたよね。それはmixiボイスでよくわかることですが。
ということで、旅の前半戦が終わってしまいました。後半戦もまだまだ函館市電を堪能していきますが、旅の終わりが近づいているということでもあって、少し寂しくなっている自分もいるのでした。

まだまだ続きます。お楽しみに。
スポンサーサイト
編集 / 2010.06.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
105位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。