スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【京急】「蒲田飛ばし」案件を考える。
カテゴリ: Transport News Headline
4/21にプレスリリースが一瞬発表されたかと思えば、突如削除され、5/7に再度発表。
京急の対応の裏には「大田区がもめてた」ということがあったようです。

…個人的な結論を言えば、「地元のエゴを通す義理はない」と思う。

※ 5/12夜、全面改訂しました。


○問題の経緯おさらい。
ポイントとしてはこんなところ。
・京急が5/16から実施するダイヤ改正で、「エアポート快特」が停車しない事に大田区が反発。
・今後の推移では蒲田付近の高架化の際の拠出金200億(大田区負担分)の返還請求も検討。

詳しくは下記ニュースを参照(いずれもMSN産経)。
京急蒲田駅が通過駅に格下げ 大田区庁舎内ゴタゴタ」(5/7)
「拠出金の打ち切りも検討」 京急蒲田駅通過問題で大田区長が会見」(5/12)

○結論は「京急に分がある」と思う。
個人的なことを言わせてもらうと、中央線の「杉並3駅」(高円寺・阿佐ヶ谷・西荻窪)には辟易しておりまして。あの3駅が通過してれば快速電車ですら約3分早く新宿に着くんです。この3駅に止まったのも、当時の国鉄の複々線化で地元がごねた結果な訳ですが、結果未だに遠距離通勤しづらいのが中央線なのですよ。
(最近平日夜に宇都宮線に乗りますが、まあ大宮まで早い事。本来、複々線で緩急分離が出来ていれば、三鷹まではスムーズだったはずなのですよ)
今回の1件についても、蒲田に止まる事で、本来の利用者の利便性を損ねる結果になるのだとしたら、それは蒲田周辺の(ひいては大田区に対する)好感度が下がるような気がしてならないんですね(個人的には、今回の1件で大田区内でものは買わないようにしようと心に決めました)。
だから、私としては「エゴに負けないでいただきたい」と思ったりします。

○大田区の言い分を検証する。
個人的に、ぶっちゃければ「拠出金の返還を求められたら、高架化工事を止めちゃえば良い」と思う。
高架化の意義って何だったのか振り返ると、踏切によって発生する渋滞の改善および、エリアの一体化の創出なわけじゃない。京急側こそ、「蒲田停車の継続」は寝耳に水だったと思うし、だからこそ「通過のまま」にしたのではないかと思うんですよ。
だから、拠出金の返還=高架化工事の継続困難ってことだから、(京急側の最終計画にはネックになるけど)高架化工事を停止して、現在の環状7号と第一京浜の踏切を残したままにすれば良いと思う。結果困るのは、地元住民だし。
(地元の皆様は「それで良い」って判定ですよね?)

○問題を大きくしたのは「責任回避?」
MSN産経の「京急蒲田駅が通過駅に格下げ 大田区庁舎内ゴタゴタ」の記事。
読むとですね、さらに興味深い(そして深読みしすぎてない事を祈りたい)内容が。

「区議会関係者によると、区庁舎内では一時、事前調整が不十分だったとして一部職員の処分が検討されたという。その一方、職員に責任を取らせるのはおかしいとして、区議会には松原区長の責任を追及しようとする動きも浮上し」


前掲記事から引用しましたが、ポイントは「区長の責任追及」というポイント。
別に羽田空港方面も20分に2本(羽田、横浜方面それぞれから急行が20分おきに来る)、横浜・品川方面とも快特が10分おきにくる訳で、たかが20分に1本快特が止まらないからって利便性が急激に低下するとは思えないのですよ。でも、ここまで大きな問題に仕立て上げたのは他でもなく「大田区の行政」なのですよ。
で、さらには区議の発言で「政治力がない」だの「臨時会で動議を出す」だの言ってるから、そこで慌てたんじゃないかな、きっと。
(要はアレです、こんなことでやめさせられたくなかったんじゃないかな(笑)。)

…そんな理由で京急蒲田に止めろと言ってるんだったら、かなり許せないなあ。

○15日の抗議集会が見てみたい。
検索をかけていたら、とある区議のブログが目に留まる。ちなみに、ダイヤ改正前日の集会を欠席するそうだ(先約があるそう)。
…ね、本気で通過運転を阻止したいなら、先約をけってでも集会に参加し、抗議するべきじゃないかなあ、と思う。所詮、その方も「それくらいの意識しかない」と思わざるを得ない。多分、日頃の思いはそんなところなんでしょう。
(そうじゃないというのなら、今からでも遅くない。15日の集会には参加していただきたく思う)
ただね、その抗議集会がどのような形で行なわれるのか、さっぱり見えないのですよ。抗議集会の中身を見たいと思うのですよ。
蒲田の住民の思いを、見てみたいものだなあ、と思うのでした(うちとしては「通過反対」に反対なのですが、そういう方は見られないんでしょうか?)。

いやね、確かに「たかが3本、されど3本」なのは分かるんですよ。うちの地元の電車で「特別快速は通過します」とか言われたらえ〜って思うもん、確かに(もっとも、うちの場合はJR東日本がダメすぎるおかげで、そんな事はない一方、杉並三駅も平日は止まったままですけれどね)。

…大事な事描き損ねてましたが、「別に東京モノレールで良いじゃん!(羽田あいるもいるし)」ってなったら、ぶっちゃけ「蒲田」なんか通らないで都心に行けるんです(ちなみに、先日羽田空港に用事があったのですが、気づいたら往復ともモノレール使ってた)。向こうは天王洲アイルだけ停車の特別快速があるんですから。
で、利便性だけでモノレール>京急という判定を受けて、「蒲田」という町を眺めないまま都心に行かれても、よいんでしょうね、おそらく。

そんなわけで、だいぶ落ち着いたので全面改訂しましたが(さっきまで出してた文章があまりにも大人げないので…論理性に欠けるし)、個人的には大きく騒がなくても、「利便性のために必要だ」と判断したら止まりますよ、蒲田。
(だけど、今後改正があって蒲田に止まっても、今回の一件で「大田区がごねて止まった」としか見えないですよ。棟横特急が中目黒に止まるようになったのと対照的で。で、おそらくそれは末代まで「エアポート快特が止まっているのは大田区がごねたから」って事にされてしまう気がする。どんな理由があったにせよ)

ただ、個人的には、この問題が片付くまでは大田区内で買い物(京急の乗車券を除く)はしない、絶対。
(解決具合によっては一生買い物しないかもよ…笑)
ということで、私の考えはこんなところです。
スポンサーサイト
編集 / 2010.05.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
86位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。