スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TNH2005.10.4版-広電の話題。
カテゴリ: Transport News Headline
おそらく、今後このブログ自体は「現状維持」を超えられないかもしれない…そんな気がする今日この頃です。まあ、そう言いながら文化放送を聞いている私なんですけれどね。やっぱり竹内アナはいいですね。

さて、今日は広電の話題などをいくつか。
※補追記事はTNH2005.10.4版補追-JR東日本の「変わること」にまとめてあります。あわせてお読みいただければ幸いです。


秋は白島線に注目。
まあ、白島線(9号線)は利用者がそんなに多くない路線でして、使用される車両も旧型車両が多かったりします。それは昔からの傾向で、8号線なんかも同じだったりします。
9号線の話題…観光ボランティアガイドが乗車しての案内が12月18日までの運行分に対して行われるとの事。大正電車は11/6まで、11/13からはハノーバー電車が登場します。このいずれかの車両で運行される列車の大部分で観光ボランティアガイドが乗車しています。
ちなみに、そのほかの旧型車両での運行も行われます。まあ、あの路線に新型車が走っていた記憶がないのであれなんですが、1900形・900形を中心に用いられる模様です。

フリーパスで特典
10月から、広電電車の1日乗車券(電車全線版・電車+松大船版とも)、宮島フリーパスを購入し使用した場合に優待が受けられる施設ができました、というもの。主に資料館や博物館の類ですが、「つけ麺本舗ばくだん屋」の千田・土橋店での優待もあるんだとか(詳しくは広電ホームページか購入時に渡されるガイドを確認)。期間は今年の12/31まで。いけるような財布の中身があったら行きたいなあ(笑)。

ドルトムント電車が走る!
レールショップ タブレットというのが広島駅新幹線口2階の隅のほうにありますが、ここなどが企画したイベント電車が運行となっています。
12/24までの土曜日が対象で、乗車には必ず予約が必要となります。広島の夜景を見ながら夕食をいただけるとの事なのですよ。…いいなあ…行きたいなあ(笑)。料金は大人3500円、中学生以下が3000円。

土曜ワイド劇場に広電登場
…あんなみえみえの「観光ドラマ」でしたっけ、土曜ワイド劇場って(笑)。しかも、ちょうど「キャンペーンスタート」の時期と同じ(苦笑)。
まあ、広電のグリーンムーバーが出てきたり、北総電車が「上目黒」を走っていたり(どう考えてもあれは「印西牧の原」ですよねえ)とある種興味深い2時間ドラマでした。ちなみに、「犯人名指し」がビンゴしたことを付け加えておきますが、3人も犯人って当てづらいですよ(笑)。

福鉄電車工事による代行運転
詳しくは利用時に確認していただきたいと思うのですが、10/5~10/19のうちの5日間(10/9は除く)、新木田交差点での軌道工事が行われる関係で夜間の列車の一部に部分運休が発生します。
ご利用の際はお気をつけ下さい(特に代替バス区間で乗車される場合)。

ミュースカイが「グッドデザイン」
まあ、どこぞの趣味団体が選んだ「○○賞」よりも社会的認知度が高いのが「グッドデザイン賞」。世の中の優れたデザインを評価してくださる賞ですが、今回名鉄2000系「ミュースカイ」が受賞、となりました。
私自身の身近なところだと京王の8000系か9000系が受賞しているはずなんですが、名鉄では初めてなんだとか(もっとも、3500系は「グッドデザイン」と呼び難い気がするしねえ…)。まずは受賞おめでとうございます。
ところで、JR東日本の近年の電車で「グッドデザイン賞」を取ったことがあるんですかね。なんとなくE257系はいまだに「よいデザイン」という気がしなかったりするのですが…。まあ、デザインは人それぞれ評価が微妙に異なりますし、そのあたりは突き詰めないでおきましょうね。ただ、新幹線のデザインはそんなに悪くないと思うんですけれど…。

五新線物語
この話は初めて知ったのですが、奈良・五條市~和歌山・新宮市間を結ぶ五新線という計画があったんですね。産経新聞の記事によると、8/~11日にミニSLを運行するとのこと。実際に一部分だけ路盤が建設されていたものを利用するもの。
個人的には、そういう「先人たちが考えたこと」ってその後の結果は別として重要だと思うんですね。その当時の時代背景を考えたりするきっかけにもなるでしょうから。そういう「昔のこと」を学んでおくのは重要でしょうね。…と言いつつ、私の街の成り立ちを答えろ、といわれると「杉の木を切り出して水運で運び出す中継地だったらしい」くらいしか語れないんだけれど…(滝汗)。

これからの鉄道趣味はどうあるべきか。その答えのひとつは「鉄道文化を伝える」という事。鉄道ってそれ自体が文化なんですよね。単純に鉄道の内側もそうだし、それによって形成されたモノもまた文化なんですよね。人と人が「同じ空間を共用している」からこそ伝わってくるものがあるんでしょうし。
「文化としての鉄道」をもっと考えていく必要がありますね。

せっかく鉄道の日も近いことだし…いかがですか?
スポンサーサイト
編集 / 2005.10.04 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
89位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。