スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TNH2005.9.30版-今週末は横浜に。
カテゴリ: Transport News Headline
昨日、今日とまあ立て続けにニュースがあったもんで、2日続けてニュースをまとめてお伝えすることにしました。

ちなみに、今週末の10/2は午前中横浜へ行った後、午後から石岡に行こうと考えています。…フレッシュひたち料金回数券があれば特急で優雅な旅ができるんだけどなあ(苦笑)。まあ、10/2に横浜に行く理由は明確だと思うのですが、ことしの基本は「鹿島鉄道」ですので…。

さて、ニュースを紹介していくことにします。


東京~上野接続線、2009年完成へ
Yahoo!ニュース(毎日新聞千葉版)より。
一応基本的なことを説明しておくと、現在上野で折り返しとしている東北・高崎線電車と東京で折り返しとしている東海道線電車を直通運転させることが主な目的で建設される新線。一応秋葉原まである留置線を活用して、その先秋葉原~東京間を高架線で新設(→東北新幹線上部を活用するなどして増強)するもの。
メインは東北・高崎線~東海道線の直通運転だったと思うんだけれど、この記事では「常磐線特急はすべて東京発着になる見通し」としているほか、「常磐線快速・特快のうちのどれくらいが東京発着にできるのか」が今後の焦点なんだとか。
ちなみに完成は2009年度末。そのころに東京の電車はどう変わっているんでしょうかね(うちの前のオレンジ色の電車はおそらく変わっていないと思うけど…)。

鉄道総研のハイブリッド電車。
未確認情報によると、10/8がことしの平兵衛まつりの実施日なんだとか。行けるかどうかはわがお財布の中身と相談しなきゃいけないんだけれど、行ったらぜひ見たいと思っているのが「ハイブリッド電車」。
中日新聞科学面の記事によると、現在用いられている試作車両に変わる新しい車両を製作することを決めた模様。一応ハイブリッド電車について説明をしておくと、架線のある区間では従来の電車として走る一方、蓄電池に充電しておき、架線のない区間でもバッテリーで運行できるようにするタイプの新しい電車。現在は主に路面電車向けに設計されているみたい。
新規の車両では「急速充電」の実験も行われることになっています。これは、停車中に架線から蓄電池に充電するものですが、その所要時間を数分にできるかどうかがかぎなんだそうで。
また、価格の問題のクリアーも検討課題になっていて、現状の路面電車車両が2億5000万円/両というのが標準価格なんだけれども、ハイブリッド式とした場合に数%高い価格で実現できるようにしたい…とも考えているとの事。
新しい技術による路面電車の運行…試験車両は実際の路線上を走ることが決まっていて(場所などは未定)、2007年度にはどこかの街でハイブリッド式路面電車が走っていることでしょうね。楽しみです。

ちなみに、多分現在の試験車両は元豊橋市電3300形のはず…ある意味そういう理由でも見てみたいのだけれどもね(笑)。

鉄道の日関係の話。
北総の鉄道の日記念のパスネット。おー、と思ったのが、「希少さ」を前面に押し出しているところ…かなあ。ちなみに1枚1000円で、横浜イベントで先行販売が予定されています。詳細は北総鉄道ホームページへ。
広島電鉄。パセオカード発売(発売中)はともかくとして、3000形3006号車を用いた「テッピーくん」号が運行されるとの事。市内線の1・3・5号線で10/1~10/16の間運行されます。
そういえば、市内線連接車ってどこの系統を走っているんだろう…と思っていたんですが、メインは1・3・5号線なんですね。まあ、6・8・9号線はありえないから(笑)、残る7号線くらい…なんだけど(7号線は一応江波車庫の担当になるんだろうから、基本的にはないんだろうけれどね)。
ちなみに、9月まで2号線メインで運行されてきた5100形GreenMoverMaxですが、10月から12月までは再び市内線で活躍します。

宮崎シティFM閉局
まあ、のりものとは関係ないけれど一応。
宮崎シティFM…コミュニティFM(市町村単位で免許を受けているFM局)で、宮崎市と周辺の一部市町村が受信エリア。この宮崎シティFMが経営不振になり、放送法で定められた放送免許の更新ができずに10月末での放送終了が確定。
宮崎日日新聞の記事によると、苦しい経営が続いていたこと、代表者が今年亡くなり、後継者が決まらなかったことが主な原因という。放送自体はスタッフが続けている。
コミュニティFM…うちのあたりで受信できるのは確か入間市と世田谷区のコミュニティFMが大丈夫だったかな。もっとも、どれくらい住民に認知されているのか不明確なところもあるわけで、地域密着型で徹底的に取り組んでいくことが肝心なような気もします。

路面電車とLRTを考える会ホームページにあった「路面電車まつりのアンケート集計結果」を読んでいます。まあ、様々な意見があるなあ…と思いながら読んでいたりします。
個人的には、広島ドームがヤード跡に決定したことをどう考えているんだろう…というのが気になります。おそらく広島駅・天神川駅とも歩いていくには多少不便な距離だろうし、ドームからの帰りの客をバスのみで捌くのは不安があります。そういう「足」まで考えて、ドーム建設をする必要があるようにも思えます。

広電に関する考察については日を改めて再度検討していくことにしましょうね。ということで、今回はこの辺で。
スポンサーサイト
編集 / 2005.09.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1317位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
94位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。