スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
アフィリエイトと広告。
カテゴリ: そのほか・雑記
まだ微妙に頭の回転がよろしくないのですよ…。石岡から帰ってきてまともに使える日が1日もないってどういうことなんでしょ?明日あたりからは再開したいんですが。

まあ、今日は軽く「広告」について考えてみたいと思っています。


私の持論から述べてしまうと、「広告はさりげないほうがいい」と思うんですね。頭から商品名をバーンと伝えてもしょうがないわけで、いかにして読んでいる人(ブログに話を絞ると「読んでいただいている人」ですね)がその商品をほしくなるか…ということに尽きると思うんです。

ブログにはブログの「宣伝方法」ってあると思うんですね。それは例えば日々の日常の中でさりげなく使っている商品(歯ブラシとか飲み物とか)について自分が好きな理由を挙げて、「私はこういうところが好きだから皆さんもよろしければ一度試してほしい」とまとめると、その商品を買ってもらえるかどうかは別にして少なくとも興味は持つと思うんですね。
私自身、先日の「石岡のおまつり」で学んだことの一つが「思い入れを持った商品は売り込みやすい」という事。その思い入れを上手く言葉で説明できるかどうかを別にして、少なくともその商品に対しての気持ちを多分に持っているんだから、自分が感じたことを表現して、それに対してお客さんがどう反応するか、ということなんだと思うけれどね。
そのひとつの考え方が「広告はさりげなく」ということにつながるわけで。

まあ、アフィリエイトを前面に押し出すのに対して反対する気はないんだけれど、少なくとも私は見に行かないなあ…という気がするんですよ。
例えば、話の流れで「こういう商品があってね」って流れていくほうが、唐突に「○○(商品名)発売!」って来るよりも自然でしょ。自然な流れで広告を読ませたりする努力が必要な気がするんですよね。それが私自身もなかなかできていないわけで、もっと努力する必要はあるんだと思うのですが。

まあ、こういう「自然な広告」への流れってある種必須だと思うんです。現状のえねえちけえが受信料を支払わなければならないように、民放だって「広告を見る(見なければならない?)」という受信料の支払いを視聴者が行っている…とも考えることができると思うんですね。だとすると、NHKが「受信料を支払ってください」とアピールしながら自分たちも変わっていく決意をしなければならないのと同様に、民放も小手先の「CM前に山場を持ってくる」あの気持ち悪い広告の見せ方じゃなくって、去年の12月にフジテレビが道に関する番組を放送したときの日産のCMのようなやり方をもっと積極的に採用していくべきだと考えるんですね。そうでないと民放だってそんなにやっていることかわらないと思うんですけれどね。

もともと、「自然な広告」という発想は前述のフジテレビの番組もそうだったのですが、石岡に行っていたこともまた大きく作用しているんですね。それは、cafe@kybo.jp with 久松商店に置かれていた「赤いソースのこと」というチラシ。以前紹介したと思うのですが、この内容がものすごく自然な会話で(おそらく私じゃ書けない…汗)、読んでいるうちに引き込まれながら「赤いソース」についても分かる、という素晴らしい読み物だったんですね。
ちなみにいつもお世話になっている「しばのや」さんの製作で、これまでに前述の「赤いソースのこと」のほかに「タマゴプリンがやってきた」「さみしがりやのりすのおはなし」「鈴木牧場を訪ねて」「商いの極意」などの作品(宣伝チラシと読んではいけないくらいの内容です)があります。
これらの作品を読みながら、「広告というもののあり方」を考えさせられた次第です。もっと公共性を謳うんだったらいくらでも改善方法はあるぞ、民放各局、と怒ってしまうと本題から外れますが(苦笑)。

よく考えてみると、広告ひとつとっても考え方ってあるんでしょうね。それが「モノ本位の広告」なのか「売れればいい広告」なのか。少なくとも、最近の広告は「売れればいい」と思っているケースが多いんじゃないかなあ。私自身は「メディアごとに広告の特性」があって、それに適した方法で広告を打つほうがいいと思っているんですね。

まあ、話すとどうしてもメディア問題と絡んできてしまって愚痴になりかねないので今回はこのくらいにしておきますが、せっかくなんだから「読み手が気になるような」中身で勝負すると、内容も面白くて広告もしっかりしたブログになるんじゃないかなあ、と。そういいながらかくいう自分のブログは「論戦整理が不十分」「読みにくい」「長い」などと突っ込まれ放題ですが(汗)。まあ、これを機会にちょっと見直してくれるとこれ幸いかな、と。

そんなわけで、風邪をこじらせないように祈りつつ、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
編集 / 2005.09.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
94位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。