スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ランティス祭りに行ってきた(2)1日目編
カテゴリ: TransprtNetwork特集
昨日のブログをお読みになったらお分かりになる通り、2日目は参加しませんでした。
もっとも、時間の制約さえなければ行ってましたよ、絶対(笑)。

ということで、ランティス祭りレポートです。


ランティス祭り。ランティスさんには結構お世話になっているのもあって、アーティストさんのお名前はだいたい分かるかなあ、というところ(もっとも、それでも顔と名前が一致しない方も…勉強してきます)。

以下、雑感ですが。
「アニカン」の号外で書いてあるように、「屋外のアニソンフェスとしては初めて」らしい。あれですよ、ロックの世界だと夏に行なわれてた…あれだよあれ、フジロックとかに近いはずなんですよ、イメージが。
で、いわゆるコンサートとの違いは、「ずーっとアニソンフェスのシートに縛られる訳ではない」コトらしい。実際屋台村が出ていて、生演奏を聴きながら屋台の食事を食べたりする事も出来る訳だ。
おそらく、比較するなら「アニサマ」なんでしょう。残念ながら「アニサマ」には参加していないので(アニサマ参加者が電車の中にいるのは見た…ってか、その日も私、富士急に乗ってたわ)、イメージで語るしかないんですけれど、おそらく「その席から音楽を楽しむ」のか、その場所全体で楽しむのか、の違いなんでしょうねえ。
(ちなみに、ランティス祭りのページがあるのですが、ちゃんと野外フェスの楽しみ方も載ってました。無論、見てなかった私ですが、直前の上田訪問が役に立ちました)

さて、当のライブでございます。
私の場合、ランティスのファンではありますが(笑)、どのアーティストにお熱を上げている、というほどでもないので(一番あげている方はきてないのよね〜)、ゆったりと雰囲気を楽しんでおりましたが、いやぁ、ライブってすごいね。
個人的にはALI PROJECTさんの世界観の独特さと、JAM Projectのオープニングにふさわしい感じとか、かと思うと中原麻衣さんの「アネモネ」が脳裏に焼き付いて離れなかったり(ランティスエクスプレス車内でも流れてたし)。
まあ、ね、色々ありますが(あれです、「おれパラ」チームの森久保さんとか岩田さんとか小野Dとか、鈴村さんも。個人的にはなぜか小野Dが一番好きですけど)、何か違って見えたのが平野綾さん。
まあね、先週中込(長野県)の商店街を歩いていたらMonstarが流れていたくらいなので、何かあるんだろうなあ、と思ったら演出すげーの。何か違うの。
火がぶわっ!って出てくるんですよ。
本人の歌いっぷりとか見てたらさあ、今更ですが「ファンです!」って言おうかなあ、とか思っちゃったくらいで(爆)。とても、2年前に初めて鉄道むすめで平野綾さんを知ったとは思えない(なので、実は「LOVE☆GUN」以前の楽曲はよく知らんのです)。

そうそう、忘れちゃいけないのが畑亜貴さん。
ランティスの楽曲の半分くらいはこの方なしには出来ないんじゃないかなあ、と思うくらいの関わりがある方ですが(Plumeもお世話になりました)、さすがおもしろ電波系からしっかりとした作詞まで幅広くこなす方ですよ。歌う曲が飛んでました(笑)。
でも、あの感じだからこそ、「ハレ晴レユカイ」とか書けるんですよ。その一方で「君と夢とアンブレラ」みたいな歌詞とかも。さすがのゆうまおさんもちょっとあの域には行けないなあ、という超・天才肌の感じ。

まあね、楽曲についての詳しいレポートはそのうち「アニカン」とかでやるでしょうから(楽しみにしてます)、雰囲気だけでもお伝えできれば、と。

まあ、公式レポートじゃなくって感想集みたいなものだから、主観を入れて書いているのはご容赦いただきたいかなあ。

でね、2日目は行けなかったのですよ。行きたかったですよ。
みのりん(茅原実里さん)と新谷良子さんとか(そーいえば何歌ったんだろう?)。あと、ランティスを語る上で、忘れちゃ行けないのはLAZYというバンド。影山ヒロノブさんと社長の井上さんもいるバンド。元々は井上社長も音楽の人ですから。
思うに、ランティスという会社はちゃんと音楽が分かる人、音楽が好きな人がいるからこそなんだろうなあ、と思うのです。

ちょっとした裏話ですが(といってもランティス祭りじゃなく)、ゆうまおさんのバースデーライブのときの話。ちゃんとランティスさんは花を出してたんですよね。ゆうまおさん曰く「最近お仕事してないんだけどねえ〜」とか言ってましたが、ちゃんとアーティストを思っての事なんだろうなあ、と。見習わなきゃね(笑)。

最後になりますけれど、よく考えたらランティス社員総動員ですまない数の方々のおかげで、このイベントが出来上がった訳です。私はその出来上がったものを影からちょっと見ただけですが、そこに至る苦労と喜び、想像すると気持ちいいんだろうなあ(笑)。
ということでランティス社員の皆さん、そして関わった皆さんにも敬意を表し、感謝の意を表して、イベントレポートを締めたいと思います。
12月、何か決まったらそのときも是非。
スポンサーサイト
編集 / 2009.09.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
102位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。