スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TNH2005.9.7版-台風がもたらした影響。
カテゴリ: Transport News Headline
なんとなく、体調があまりよくない気がする今日この頃です。もっとも、それほど酷くないので問題ないといえばないんだけれど…。

そんなわけでして、とりあえず気にかかったニュースを取り上げていくことにします。


JR尼崎事故の中間報告
この事故の話を取り上げるときにはすごく神経を使うんですね。どうしても頭に浮かぶのは「事故前に防げなかったのか」という思いだったり、事故直後の周辺の風景だったり…。それだけショックが大きかった事故であることには間違いないんですね。

基本的な内容は、報道されてきたものが主なものです。したがって、防護無線取り扱いに関する情報を除くと新しい発表はないように感じられます。もっとも、「速度超過」以外の要因が事故に影響を及ぼしたかどうかなどについてはまだ確定していないため、それは最終的な報告などによるものになると思います。
事故前の非常ブレーキ操作や、オーバーランに関して言うと、運転手自身の責任(→ブレーキタイミングを誤る)なのか、車両自身に問題があったのか(→車両のブレーキの効きが必ずしもよくなかった車両だったらしい)、そのあたりを明確に突き止めなければいけないと思うんですね。

個人的には、以前紹介した川島令三氏の「なぜ福知山線脱線事故は起こったのか」を読んでいただくのがよいかと思います。無論、こちらでも明確な原因特定をしていませんが、「事故原因となった可能性がある要因」についての解説などがありますので、一般の新聞・テレビよりは正確な情報を掴むことができると思います。

最後に…同じ事故が起こらないことは当然なのですが、事故原因となりうるものを少しでも排除していく必要があるんでしょう。費用面などで一気に変えられないものもありますが、より安全性を増すためには重要なことなんじゃないかな、と思っています。

台風による大雨で高千穂鉄道が不通。
個人的に、これが小規模な災害で即座に復旧作業に着手できるなら危惧しませんが、宮崎日日新聞やNHK報道によると、北方町内の2つの鉄道橋が流出しているほか、線路が流出したりしている箇所があるとの事で、全線で運行できない状況にあるとの事。
で、このニュースで私が「何を危惧しているか」というと、「鉄道の復旧が出来るかどうか」ということ。

なぜこのように考えているかというと、
・高千穂鉄道の存廃を含めた鉄道対策協議が行われており、年内に方向性が出てくる事。
・鉄橋2箇所の流出やそのほかの鉄道施設への影響が、上記の対策協議に影響を及ぼすかどうか心配である事。
この2点なんですね。
現状の高千穂鉄道が鉄橋の復旧作業などの費用を自社単独で負担できるとは到底思えないんですね。少なくとも沿線自治体への協力を得る必要がでてくると思うのですが、前述したように「存廃の結論」を含めて出すことになっているわけで。費用対効果で見込めなければどっかの路面電車と同じ運命をたどるわけで。
個人的なことを言えば残ってもらうに越したことはないわけですが、そのまますぐに資金面で何らかの支援ができるかというとそれができないわけで、そこが非常に頭の痛いところ…ではあります。

豊橋にLRV導入-豊橋市と豊鉄が合意
東海日日新聞の「「夢の超低床車両・LRT」導入で豊橋鉄道と市が合意」より。
新聞報道によると、超低床車両を導入する計画を豊橋市と豊橋鉄道の間で合意、「LRTプロジェクト推進協議会」を設置したり、国土交通省の「LRT総合整備事業」の認定を受けられるように準備を進めていくもの。申請は11月に豊鉄側が実施予定。
計画としては、2006年度に安全地帯がない競輪場前停留所を改修。2007年度に超低床車両(100%低床車)を導入する計画。その後、各停留所を改修し、バリアフリー化をおこなう。
なお、とよはし市電を愛する会副会長は「寄付などの資金集めに協力したい」というコメントをしているほか、豊橋商工会議所なども全面協力を約束している。

…名鉄電車の東の端、豊橋と西の端である岐阜。少なくとも「路面電車」では明暗が分かれてきたようです。
かたや全面廃止になり、明るいニュースよりも暗いニュースがはびこっている街がある一方、路面電車のバージョンアップで行政・運行会社・住民がいったいとなって「路面電車を生かす街」として活気が出てきつつある街。

もっとも、旧型車両は徐々に現役を引退していくわけですが。
今回の決定によって、大部分の車両が新型車両に置き換えられることになります。少しずつ古い電車とお別れしながら、新しい豊鉄路面電車への脱皮を見続けて生きたいな、と感じます。

よく考えてみると、元名鉄780・800形は名鉄とJRの競合区間の端から端へと引越ししたんですよねえ。もし聞けるならば「どっちのほうが動きやすい?」なんて聞いてみたいところですが(笑)。

ちなみに、天候を見ながらですが9/10に豊橋を訪問する方向で計画しています。まだMLながらのデッキで夜を明かすか(苦笑)、翌朝の朝一で自宅を出発するか決めていませんが。

そんなわけで、また適当な時期にブログがお休みとなりますのでその旨ご了承くださいませ。それでは。
スポンサーサイト
編集 / 2005.09.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
110位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。