スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
広報部長の秋休み@湯けむり慕情な旅の巻(Part2)
カテゴリ: TransprtNetwork特集
〜おさらい〜
9/19、中央線と小海線、しなの鉄道を経由して上田に到着した私。今回の企画の一つ、「上田電鉄に乗ろう!」を開始。これが、意外なイベントに遭遇してしまうのでした。




○上田電鉄で音楽を聞こう(1)
上田電鉄。上田と別所温泉を結ぶローカル私鉄ですが、千曲川に架かる鉄橋の更新費用の捻出が出来なくなる恐れがあり、一時は廃止も検討されたことがあります。
結局、当時の上田交通から分社化し、上田電鉄としてスタート、地元の支援団体とともに利用促進を測っていたりします。

そんな上田電鉄と言えば、個人的には他を差し置いて「鉄道むすめ」でしょう(笑)。
鉄道むすめのキャラクターソングCD、もちろん上田電鉄のキャラクター、八木沢まいの歌う曲もあります。それが「湯けむり慕情」という曲。和風な音楽が沿線風景と合うんじゃないかなー、とことあるごとに思っていたのですが、今回遂に「聞きながら乗る」事が出来る!!と思っていたのです。ところが。

上田駅から電車に乗ろうとしたら、何やら楽器を持った方が電車に乗っていきます。
乗ってみるとなんと、車内でコンサートをするようです。これはこれで面白い!
ってなわけで、まずはこのコンサートを聴きながら、列車にゆられてみたのでした。
「アンサンブル・トレイン」というこの企画。思ったのは、やっぱり地元の人たちのアイディアって大事だなあ、と思ったのでした。余談ですが、個人的には「夢み鉄道別所線」って曲を聴いてみたかったなあ(ほら、「湯けむり慕情」しか聞いてないしさ)。

○別所温泉足湯
別所温泉に到着。八木沢と舞田の駅にはあとで訪問するとして(笑)、まずは丸窓電車の撮影から。…微妙に撮影しづらい(苦笑)。
で、時間が微妙に余った気がしたので、足湯へ。なぜか「別所温泉には足湯がある」というとってもうろ覚え(だけど正確に覚えてる)情報だったのですが、実際ちゃんとあるんです。

ちょうど手元にTVドラマ版の鉄道むすめ「八木沢まい」の回があるので(笑)、見返してみることにします。ちょうど、この撮影が去年の今頃だったのですよ(エキストラ募集のお知らせにあったのが、去年の今頃の日付)。今は亡きステンレスカラーの7200系が映ってます(撮りたかった…笑)。
…足湯浸かってるわ(爆)。あと、何か「おばあさんが飲泉を飲むシーン」があるのですが、あれ案外熱いんですよ(笑)。見切れる甘味どころ含め、見覚えがばっちり(笑)。
「北向観音堂」というのがあって、お参りしてきたのですが、厄よけっぽかったです。おかげさまで、なんとか厄は逃げてったみたいで。
(余談。「丸い田んぼ」発言で、「丸田町」だと思ったのは、深読みし過ぎだったんですよねぇ〜)

さて、その「足湯」ですけど、5分くらいのんきに浸かってました。他の観光客の方と謎の談笑をしながら浸かったのですが、そのあとからまあ火照ってるのね。八木沢まいのせいではないと信じたい(…が、なんか自信なくなってきたし)。

別所温泉でのんびりしすぎたせいで、1時間半くらいゆっくりしてました。

○まるまどりーむ号に遭遇
さて、上田温泉をあとにした私、ようやく「湯けむり慕情」を聞きながら電車に乗ったのですが、不覚の感涙に見舞われてしまいました。あれだよ、恋の歌っぽいのが結構聴いたみたいですよ。湯けむり慕情には勝てないよ、テレビドラマの曲は。
そんなわけで、車内で泣いてると「なんだあいつ」と思われそうなので(本気で動揺した)、下之郷で途中下車。車庫なので、上田電鉄の電車はたいていそろってます。
まあ、微妙な位置に1000系の赤帯と7200系はいたのですが、なんとか撮影。1000系は気づけば既に4本目も搬入済みでして、7200系はいついなくなってもおかしくない状況でございます(予備含め、4本あれば絶対事足りるはずなので)。
昼間(40分間隔で運行する場合)は2本しか運用しないので、7200系は車庫待機の場合があるのですが、19日は見事にこのパターンでした。もっとも、下之郷到着時には3本使用(30分間隔で運行する場合)になっていたので、7200系も運用に復帰、そしてやってきましたまるまどりーむ号。

撮影&乗車体験をするために、舞田で下車。
八木沢方面に歩きつつ、適当なポイントで撮影開始。しかしまあ、日が暮れてくると一気に寒くなるこの季節。上田は寒かった(笑)。

八木沢&舞田の両駅の写真を撮り、そのあと暗くなってきたので最後に中塩田・塩田町の両駅を撮影してから上田に戻り、宿に向かいます。

○しなの鉄道訪問記(2):上田→戸倉
今回は戸倉に宿を取りました。1泊3150円素泊まりの宿を見つけたからなのですが(上田のビジネスホテルに泊まるより、運賃をプラスしてもおそらく安くなるだろう、という判断)、いやあ、すごかった。
ということで、上田でご飯を食べ損ねたまま(→169系がホーム上で待機していたのもあって)、戸倉に移動開始。無論真っ暗なので何も見えないのですが、戸倉駅に近づいてもやっぱり真っ暗…まさか??

いやぁ〜、駅前が終わってたよ(苦笑)時刻は19時半。
チェックインしたものの、諸々連絡を取ったあと、眠くなってしまったので9時半にはねちゃいましたとさ。

こうして、1日目は無事終了。
結構撮影していなかったものを色々撮ってまして、駅で言うと高尾、小淵沢、野辺山、小諸、上田(翌日も)、別所温泉、八木沢、舞田、下之郷、中塩田、塩田町の各駅。車両もキハE200系や上田電鉄の各形式、しなの鉄道115系・169系と、撮影していなかったものをかなりカバーできた訳でもあります。

宿は予期せずしなの鉄道の車両基地(といっても、傍目には「留置線が多数」としか思えなかった…工場は多分屋代のはず)のある戸倉になったのですが、翌日、これがそこそこ良き方に働いたりしたのでした。
そんなわけで、2日目に突入したこの旅の顛末、お楽しみに。
スポンサーサイト
編集 / 2009.09.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
2059位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
130位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。