スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TNH2005.5.10版-まずは電車代替バスに乗ろう!
カテゴリ: Transport News Headline
こんばんは、広報部長です。

RailSimの話から入りますが、2chのスレッドを見ながら思ったこと…「1年以上プラグイン製作をしている私もwiki製作に参加しているんですが…」と突っ込みを入れておきたいと(笑)。当方製作箇所でミスなどがあれば修正をお願いします…とりあえず初稿だけでも作っておかないとね(笑)。

さて、岐阜がらみの「公共交通」ニュースがいろいろきましたので、その話をメインに紹介することにしましょう。




○ コネックスの事業提案遅れる
…路面電車の「復活」関係のニュースその1。
中日新聞今日付けの記事では、詳細な提案は数ヶ月から1年程度遅れる見込み、資料作りが遅れている…といった理由などからの遅れだとのこと。2006年4月スタートが事実上不可能となり、沿線の市町に伝える見込み。

○ 代替バスマップ製作
…路面電車の「復活」関係のニュースその2(岐阜新聞)。
従来の電車駅・停留所とバス停とのつながりを示し、代替バス路線との相関関係を示したもの。路面電車再生トラストの会が製作し、同ページからPDF版などをダウンロードすることができる。
…ということで早速ダウンロードしてみることに。
両線ともなかなかよく出来ているのですが、電車代替利用者はある程度位置関係などの把握ができると思うんですね。ただ、やはりバス系統が複雑なうえに、PDF版も白黒なので、バスの系統が多少みづらい気がします。でも、ないよりはずっとましだと思いますね。

○ 岐阜県の「公共交通再生」とは?
中日新聞の今日付けの記事より。
今年3月に県総合交通体系指針を製作する一方で、岐阜路面電車線廃止が行われ、「矛盾」が指摘されている…ということで、9日に行われた政策総点検県民委員会「生活基盤分科会」で、「公共交通の再生のために、県は積極的に市町村に働きかけるべきだ」との主旨を報告に盛り込むことになった、というもの。ちなみに、この会議内で委員の1人は「公費は公共交通を運営する民間事業者でなく、市民の足確保のために投入すべきだ」という説明をしています。
実は、結構県が消極的なパターンが多い…というのもまた事実なんですね。茨城県の場合、鹿島鉄道は地元の存続要望から、補助の半分を出したものの、日立電鉄は地元の廃止容認からバス代替へと流れました。
岐阜県の第3セクター路線は、樽見・長良川・神岡の3社とも何らかの形で存廃問題を抱えています。また、岐阜路面電車は全廃となりました。…利用する人数を上げることは容易ではありませんが、「地元住民の足」として必要不可欠であり、改善を進めることで利用数を上げることが可能と判断できるなら、交通政策の一環として補助する環境を作り、利用者を誘導する必要があるでしょう。

○ 鉄道愛好家が鉄道の経営改善に関与するには?
…単純には使えばいいんです。もう少し拡大解釈すると、「鉄道会社の収入になるように」すればいいと思うんですね。
旧ブログにも書いていますが、ローカル線へ鉄道撮影に来る方の多くが自動車利用をしていて、仮に何らかのイベント列車などを走らせても必ずしも収益が上がっていない…という実情が見えてきます。
岐阜路面電車のときも、2005.3.21に市ノ坪で2件確認していますし(うち1件は車庫無断侵入という問題行動をしていると思われる)、鹿島鉄道の場合もかなり自動車での撮影が目立っているようです。
鹿島鉄道のフリーきっぷは土休日で1100円。これを年間100人が購入すれば11万円の収入増加につながります。ちなみに、キハ714形の撮影で来られる方が非常に多いようですが、運行は月2回(確か第2・4土曜日…運休日があるかもしれないけれど)。年間24回ですから、運行日ごとに5人以上が購入するとこの収入が鉄道会社に入ります。
一般の利用者に、鉄道を使え!といってもなかなか無理な面があると思います。ただ、鉄道好きであれば、せめて何らかの方法で収入を増やす協力をするべきなのかな…と常々思うんですよね。

そんなわけでして、財布の中身はほぼ壊滅状態(苦笑)。
いろいろ考え方はあると思うので、その辺は広く話を聞いて見たいと思うんですね。多分自動車利用者にはそれなりの考え方があるでしょうからね。

そんなわけで、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
編集 / 2005.05.10 / コメント: 0 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1588位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
106位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。