スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
RailSimプラグインに関するお知らせ
カテゴリ: RailSim
メールでも連絡いただいたんですが、折角なのでこの場でいろいろと書きましょう、ということで、以前公開していたプラグインの再配布について、お願いのメールが届きました。
基本的に、これまでは応じない姿勢できていたのですが、未だにうちのブログとかサイトへのアクセスで「RailSim」と検索して当たっている方が少なくないようでして。
…あれよ、最後に作ったの、もう3年以上前だから(笑)。

まあ、うちのパソコンの肥やしにしててもしょうがないので、サイトの隅っこでダウンロードだけで切るように使用可なあ、と画策中です。ただ、まだパソコン上にデータが残っているのかなどは確認していないので、万が一消失していたら、そのときはごめんなさい、ということで。



まあ、基本的には過去の作品を好きに煮炊きしてくださいませ、という方針でやりますので新規製作はやる予定はありません。いかんせん、うちのパソコンでRailSimをやるのは無理、ってなぐらいまで進化してしまいましたので、ひっそりとね、置いておこうかな、と。

一応、現段階の基本方針はこんなところ。
・RailSimのバージョンは1.xxのものです。台車分離に関しては対応しているもの、いないものがあります。
・原則サポートなし(改造は自己責任で。導入については、当方でないと対応できないもののみ対応)。
・改造は自由に。改造品の再配布は連絡なしで可能(ただし、商用使用する場合は、一度連絡ください)。無改造の再配布のみ、大々的にやらないでほしいかな、と(未改造品の商用使用のみ不可)。
(リメイクなどについてはお任せします。よいほうに発展させるためならご自由に)
・改造用の元素材も、残っていれば提供予定。当方の製作環境の関係で、画像データはpixia独自形式、モデリングデータはメタセコイア独自形式になります。
・再配布するものは、路面電車関係のもので、私が作成したもののみ。
※ 当サイトから配布するプラグインについて、他所への問い合わせをしないようにお願いいたします。問題等起こるようでしたら、プラグインの配布中止などの対応をするかと思いますので(もめ事が増えるのはいやなので)、よろしくお願いいたします。

配布方法・時期に関してはまだ未定ですが、おそらくページを作成し、そこにまとめたものを一括配布する形式をとるかと思います。

まぁねえ、需要があるかどうかさっぱりですが(笑)、素材にしてもらう分にはご自由に、ということではあります。特に台車周りとか、表現激甘ですから。
(個人的にRailSimを続ける熱がなくなったのも、あの台車周りの表現の細かさを追求する気がなくなったから、ということでもあるんですねぇ。基本的には「雰囲気で遊ぶもの」だと思っていたので、台車とかの表現は細かくなくてもねぇ、とか思ってたんですが)
一応、うちのサイトのメインはこれからも写真の紹介ですから。未掲載形式とかは写真投稿、お待ちしてますからね。
(絶対とは言わないけど(言ったらあーでもないこうでもない、って話になるから)、気に入ってくれてかつ写真提供してもいいですよ〜って方がいらっしゃったら、ぜひぜひ、ってところではあります。…なさそうだけどなあ)

まあね、RailSimのちゃんとした本も出てるし、良い方向にコミュニティが発展するならそれでよし、ってところですかねえ。少なくとも、私がいた頃よりはまともであってほしいけど、どうなんだろうね。

公開に関して、詳細が決まりましたら改めておしらせします。
とりあえず、そんなところでございます。
スポンサーサイト
編集 / 2009.09.10 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
2059位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
130位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。