スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ツーデーパスの旅@1日目。
カテゴリ: TransprtNetwork特集
ちょっと空きましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、ブログでも時々現地からメールしておりましたが、ツーデーパスを使って富士急行と銚子に行ってきました。まあ、理由は簡単でして、富士急は「のったことが無いから」、銚子は「鉄むすスタンプキャンペーン」のためでして。

そんな訳でまずは1日目。代々木からスタートですよ。


○代々木〜新宿〜高尾〜大月
新宿6時22分発特別快速乗車のため、6時ごろに代々木駅へ。まあ、前日は仕事の都合もあって会社に泊まっていたのですが、実はこの日に銚子に行けばよかったなあ、とちょっと思っていた訳でした。もっとも、一番大事な品物は自宅にあるので、やむを得ず当初予定の通りに大月方面へ。

よく考えてみたら、前日は「涼宮ハルヒの憂鬱」の放送が終わるくらいまで仕事をしていたので(笑)、寝不足なのですよね。そんな状況なので、当然のように電車の中では睡魔に襲われまして。
高尾で115系の大月ゆきに乗り換え。「鉄道むすめ」のモバイルサイトの「スタンプラリー」を稼ぐのもあって、ここからは睡魔に負けずに駅に着くたびにチェックを入れていきます。

大月で3分接続の河口湖行きに乗り換え。

○大月〜三つ峠
ええっと。
今回の裏テーマはズバリ「鉄道むすめ」なのですが、今回ほど見事に当てはまる回も珍しく。そして、そんなに列車撮影をしなかった回でもあるのですが、唯一の例外がこの三つ峠での撮影。
大月から乗車し、当然のように「ゆられてミーナ」を聞き(鉄道むすめキャラソンの一つ、富士急行編の曲)、当然のように目をうるうるさせて(爆)、三つ峠到着。撮影地へ。

この日はリバイバルカラーと富士登山電車が運用に入っているので、それを撮影。
ちなみに、結果から言うとリバイバルカラーのピンがやや甘いです。風景写真にするなら、この撮影地はよいのですが、形式写真を目的にするなら、違う場所の方がいいのかなあ、とも。

P8220094s.jpg
△ 作例1 富士急行1000系「富士登山電車」(三つ峠〜寿間/2009.8.22)

P8220091s.jpg
△ 作例2 JR東日本115系(三つ峠〜寿間/2009.8.22)

P8220087s.jpg
△ 作例3 JR東日本183系(三つ峠〜寿間/2009.8.22)

6両編成は入れ込むのが大変だった(苦笑)。

この日は幸いにして雨も降らず、非常に助かったのですけれどね。日差しが無ければ案外涼しかったです。ちなみに、撮影地まで駅から約15〜20分くらいかかります。

○三つ峠〜河口湖
三つ峠をお昼頃に出発、河口湖へ。4両編成はほぼ座席が埋まっていました。
ということで、最後部に席を見つけて座ることに。
富士吉田到着。向かいには富士登山電車が2両編成で登場。無論、撮影(笑)。

富士吉田から河口湖へ。富士急ハイランドを間近に見ながら(あ〜ここで泣いたりすんのね)、河口湖駅到着。そうですよ、鉄道むすめDSでライダースーツ姿の大月みーなと初対面する駅ですよ(なぜか「ドラマ版」については語らないぞっ)。
ということで、駅舎と隣に展示しているモハ1形を撮影し、今回から積極的に路線バスの撮影も開始。一般路線バスタイプの車両が「三島行き」を示しているのに新線な驚きを隠せず。
(もっとも、富士山を挟んだ反対側は静岡・御殿場なんだから、案外遠くないんですけれどね。ただ、個人的にはどうも、河口湖や大月は「庭」の感覚なのに対して、御殿場辺りまでとなるとどうしても「お出かけ」感覚に変わってしまうんですよねえ)

近くのコンビニでおにぎりを購入。個人的に、地方かどうかの境目は「おにぎりあっためますか?」という問いかけだと思っているのですが、はていかに??
(以前、筒石の隣の「名立」でも同じことに気づいた記憶が)
駅の裏手へ行くも、5000系は微妙な位置に居るので撮影ならず。
まあ、この辺りで富士急は切り上げかな、と判断することに。

○河口湖〜大月〜甲府
ということで、奮発してフジサン特急に乗車。さすがは元パノラマエクスプレスアルプスなだけに、車内のシートピッチがまあ広い!足下を投げ出しても席に当たらないのは、さすが。
今回は地ビールだけは断念して(夜飲み会だったので)、さっきのおにぎりとともに「ゆられてミーナ」を聞きながら乗車。恥ずかしいのは、車内検札で車掌さんが通るのですが、女性だったってコトですかねえ(…大月みーな車掌バージョンとか出しませんかね??)

検札を終えた辺りですっかり眠くなり、居眠りしながら大月へ。本気で寝てましたねえ。

フジサン特急は特急列車らしくないスピードをのぞけば、なかなか素敵な車両でしたねえ。ほら、足下が投げ出せるし。

大月からは甲府方面へ。18時に立川に戻る必要があり、逆算すると小淵沢までは行けないことが判明。やむを得ず甲府まで。うん、ちょっと失敗したなあ、と思ったのですが、その分鉄道むすめのGPSスタンプラリーを制覇しようと思い、甲府方面へ移動開始。

ところが、またもや眠気との勝負ね。一応買ってはいるんですが、「起きる→押す→寝る」の繰り返しで、記憶がほとんどなく(苦笑)。何やってんだ、と。
そんなこんなで甲府到着。

○甲府→立川
甲府からの戻りは当初、特急「あずさ」に乗ろうと思っておりました。JR東日本に優しいねえ、と。ところが、甲府についたところで特にするネタもないことに気づいてしまったので、普通列車で戻ることにしようかな、と時刻検索をすると、17時20分すぎに立川に着く列車を発見。乗るしかない。
ということで、ジンジャーエールだけ買って立川ゆき乗車。向かいのカップルの微妙な視線&発言にめげることなく起きていたものの、笹子トンネルで睡魔に負け、気づいたらカップルからハイカーに替わったまま、立川到着。…あまりにも酷い1日目の終了ね。

一応、今回からは列車の他にバスも出来るだけ撮影してみよう、という方針にしてみました。もっとも、列車の合間の撮影とか、そういうレベルなんですが。

うーん、1日目の終盤戦があまりにも不甲斐ない結果なことをのぞくと、まあまあいい結果になったのかなあ、と。まあ、あまり綿密な計画を立ててないので、列車の撮影とかもう少し織り込んでもよかったかなあ、とちょっと反省しております。乗るほうはそこそこ満足ですけれどね。
実は、2日目も似た様な「乗るほうは満足」という結果になりまして、…やっぱり撮るより乗るほうが好きなのかなあ、と思ったりした次第です。

とりあえず、1日目はこんな結果になりました。2日目については、また後日紹介します。
スポンサーサイト
編集 / 2009.08.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
86位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。