スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
鉄道が通らない、鉄道の跡。
カテゴリ: TransprtNetworkコラム
思えば、小さかった頃、広島市内の某地域に住んでいた頃(ってもバレてっけど)、土留め壁がアスファルトの一部から顔を出していたのを、「線路を埋めた跡だ!」とずーっと思っていました。
広島電鉄市内線の十日市町の交差点。今でこそ3方向から電車が自在に行き来しますが、7号線復活以前は横川駅〜紙屋町をつなぐ線路のポイントは撤去され、線路も埋められたままでした(なので、よく横川〜紙屋町とか乗る時は、十日市町で乗り継ぎしてました)。おそらく、それを見ていたのもあって、そんなコトを言ったのでしょうね。

まあ、時代の流れによって廃止されるものもまあありますよ。それの記憶にちなんだお話が今日のテーマ。


○西鉄北九州市内線
私の路面電車事始めを語る上で、欠かせない路線の一つ。
もちろん、既に砂津〜折尾間まで短縮されていた状況だった上に、小倉駅前で見たのは微妙な記憶。ただ、当時の幼稚園の文集を参照すると、そのときに「路面電車だ」と騒いでいたらしい私。…あれだ、当時から変わってねーや。

企救丘に当時存在した「交通科学館」。
そこには北九州線の100形が置いてあり、行く度にしげしげと眺めた記憶があります。志井公園駅(日田彦山線)には乗らないままでしたが(モノレールが楽しかったとか、時間が合わなかったとか)、路面電車とはそういう縁があった訳です。

その後1998〜1999年冬に、既に黒崎駅まで短くなってしまった末期の北九州線に乗車。写真も撮ったんだけど、それは遂に発見できずのまま、でした。

ちなみに、北九州線の砂津〜黒崎駅廃止の時はニュースを見ていて、撤去される電停とかの映像の記憶が印象深く残っています。

○呼子線
福岡に住んでいると、近くでお魚を食べたくなります。
で、よく行ったのが唐津の先、呼子という町。
当時から「イカの活き造り」が有名だったこの町によく連れて行ってもらいました。イカ、美味しかった。

西唐津から先、しばらく道路沿いに進むと線路の路盤らしき光景が目につきます。
この路盤こそ、呼子線の残骸なのです。
呼子線はいわゆる「未成線」の一つ。コンクリートと築堤で出来た路盤に、列車は走らないままだったのでした。
(ちなみに、呼子へは佐賀・多久ICから向かっていたので、どちらかというと唐津線の印象のほうが大きかったりします。しかも、多久駅の硬券乗車券ってのも記憶にありますが、今では残っていないのが惜しいですね)

○番外編 薬院
福岡は雑餉隈と南福岡が最寄り駅だったので、鹿児島本線か西鉄大牟田線がよく見る電車でした。鹿児島本線は423系とかいたんですが(車体端の「窓じゃなくなってる窓」が見分けるポイントだった…なぜそれを知ってたんだ、私は)、西鉄大牟田線は8000系がお気に入り。やっぱり新しいものが好きだった(当然、鹿児島本線も811系にぞっこんですよ)。
まだ、当時は平尾を過ぎてから西鉄福岡の駅に入る手前までは地上区間でした。全く記憶がないんですが、その後、薬院の高架化が出来上がったときに、乗るだけ乗った記憶はあります。
…この話をしても、知らない人が居て驚いた私でした。

○呉線の二つのトンネル
呉線の川原石が好きだった私。
当時、行き違い駅新設工事などで激変が見込まれていた当時の呉線によく乗っていました。
線路から見えるもう一つのトンネル。
どうやら、電化前のトンネルらしい。つまりは、電化するときに既存の改造か新規に作り直した、ということになります。複線だった歴史はないことを考えると、おそらく、新しく掘ったんでしょう。当時の私、「有効活用できないかなあ」と思ったりするのですが、果たして。

○広電の車庫で見られる車両たち
よく、アルパーク(新井口)に行くのが好きでした。ええっと、アルパークで焼き肉を食べるのが好きでした(笑)。西棟の「シズラー」はおそらく、開業当初からずっとある店舗の一つのはず。
でも、個人的には今は亡き、東棟4階(遊覧列車入口の近く)にあった焼き肉屋が好きでした。食べ放題ですよ、肉。きゃっ。
ちなみに、焼き肉焼いても髪の毛は焼かないようにしましょう(小学校2年の私…ええっと、点火時に網の中をのぞいていたんですねえ…ええ、ばっちり授業でこれをネタにした詩を…あれ?)。
さて、そんなアルパークそばにあるのが荒手車庫。宮島線の車両がゴロゴロしている中に、市内線の車両が放置されていました。

例えば、旧800形。ワンマン改造で1両だけ残されていて、そのまま倉庫扱いになった車両。
他にも、570形や750形なども居ましたが、1両だけ残されていた2001号車も気になる存在でしたし、滅多に見かけない70形や3500形(競艇貸切で1回だけ見たことがある+もしかすると乗ったのかなあ?)、そして忘れちゃいけない1090形も居ました。ちゃんと撮っとけば、ねえ(笑)。
ちなみに、江波車庫には2500形の残骸とか、900形が残っていたこともあります。

まだ500形も1100形も「当たり前」だった時代。15年くらい前、なのでしょうか。

○奥多摩の奥には何がある?
締めはこれで。
青梅線の奥多摩から先、奥多摩湖まで線路を伸ばす気だった話は、小さい頃からよく聞かされました。そして、奥多摩駅周辺の住民の反対で、それがなくなった、というのもよく聞きました。
小河内ダムの資材運搬線として開通し、その後は観光目的での路線に仕立て上げようとしていました。奥多摩湖手前、「水根」という場所に資材のターミナルがあり、10年くらい前までは確かログハウス風の建物も残ってたはず。
こっちも、旅客列車は走らないままの「未成線」状態ですね。道路から見えるトンネルや鉄橋、あそこに電車が走ってたらどんな景色が見えたんでしょうね。

さらにその奥、川野という場所に、ロープウェーの跡が残っています。
奥多摩湖の対岸を結ぶこのロープウェー。うちの父(だったかな?)が遠足で乗ったことがあるらしいものの、「乗っても何にもなかったから、ただ帰ってくるだけだった」と語っていた記憶があります。

おまけ。
昔のモノレール羽田駅。
モノレールの運賃が全線で大人300円だった頃。まだターミナル移転前で、モノレールも500形が一番古かった頃(でも、やっぱり1000系が来るとラッキー、って思ってた)。当然のように昔の羽田駅を使っていたはずなのですよ。当然のことながら、記憶は微妙にないんですけど。
最近、諸事情で昔の羽田駅に関する資料をさがしていて気づいたのが、「モノレールの地下駅は残っているかどうか」のお話。これ、沖合展開事業に関して、モノレールの線路移設レポートを掲載した鉄道ピクトリアル(1994年くらいで、特集が「EF64」の回のもの)に詳しく記載されているのですが、結論から言うと、この資料では「一定の場所から上は掘り起こして撤去するものの、ある深さより下は、残しておく」みたいな話だったはずです。コンクリートなどで埋め込んだのかは定かではないのですが、ずーっと先の人類が、見つけたらちょっと面白いかも(笑)。

○都心の電車から見える駅の跡。
有名どころだと、初台(京王線)、博物館動物園(京成)、表参道(銀座線旧神宮前)などがあるかと思います。銀座線新橋とか、万世橋とかね(横浜だと京急平沼なども)。
個人的には一時京王ユーザーをしていたこともあって、初台の地下駅の跡とかは乗る度眺めていました(今でもそう)。博物館動物園もよく見る一方、旧神宮前はそれほど気にもせず(昨日乗ったけど忘れていました)、といった具合。
ただ、旧神宮前駅の出入り口、おそらく今でも使ってるんじゃないかなあ、と思うのがB2/B1出口。あそこから、表参道駅の改札までの微妙なストロークが怪しくないですか??


未成線と聞くと、昔の人が抱いていた「夢」の残骸を見ている様な気になります。おそらく、そんなところにひかれるんじゃないかな、と思ったりします。
「現実の中に残っている、過去の記憶」をひもとくことも同じじゃないかな、と。
きっと、当時のロマンがそこには詰まっているんでしょうね。

そういえば、国鉄宇品線の跡は結局行かなかったなあ。もっとも、今では広電の宇品線も広島港の辺りが大きく変わってるしね。うーん、時代というものは移り変わるんですね。
変わらないのは、自分たちの記憶なのかも。
(おそらく、私も数十年すると広電のぐりーんらいなー陣の引退とかを目にするんでしょうけど、きっと複雑な心境なんだろうなあ。自分たちの頃は「新車」だったんだから…)
スポンサーサイト
編集 / 2009.07.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
86位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。