スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
気になるニュースの話-「京成」と「女性専用車」
カテゴリ: Transport News Headline
こんばんは、広報部長です。

とりあえず、はじめに新型ATS設置義務化について。
基本的には賛成する項目なのですが、気になることがあるんですよね。一応挙げておきましょう。
・導入費用について
国土交通省は「助成策を検討する」ということのようですが、どの程度になるのか気になります。個人的には「安全性確保は国の責務」でもあると思うから、国の負担率を高くして導入予定線区すべてに対して(会社の経営状況如何に関わらず)国は一定率以上を負担するべきではないかと考えます。

報道機関は「ATS-P」のことを「新型ATS」という表現で報じているようですが、国土交通省側は一律にATS-Pの導入ということにしているのでしょうか?少なくとも、最高速度が高い線区や本数の多い線区などではP導入がよいのかもしれませんが、本数の低い先駆などは速度照査型で対応するようにすればよいと考えます。
国土交通省からは正式な報道発表がないので、その辺は改めて。



○京成電鉄とオリエンタルランド
京成電鉄。東京都と千葉県にまたがる私鉄路線。利用客が最も多いのは船橋。総武線に乗り換えてしまう乗客が多いんですねえ。
オリエンタルランド。私はこの名前に惹かれるんですが(笑)、東京ディズニーランドの運営会社でもあります。ちなみに、オリエンタルランドの主要株主は京成電鉄と三井不動産のはずです。
…で、何故この会社を取り上げたかというと、「夕刊フジ」に「堀江ディズニーランド狙う!?“親子逆転”状態」という記事が掲載されているんですね。全文はホームページからチェックできないんですが(ただ夕刊フジを買う気はさらさらない)、一応タブロイド紙ですし、多少差っぴいて考えておくほうがよいかもしれません。「!?」っていうのがポイントじゃないですかね。

で、仮に京成電鉄を買収してライブドア傘下に入ったとしますと…不安な要素が出てきます。
・ディズニーランドのクオリティを保つことができるか
・鉄道本体への影響
前者は収益の柱であることなどを考えると問題になる可能性は低いのかもしれませんが、後者の影響は多分にでてくるかもしれません。

「収益」だけで見ると鉄道会社ほど収益が上がらない会社はないはずです。仮にライブドアが京成の筆頭株主として経営参加すると、その「収益性」の問題が大きく出てくるのではないでしょうか。設備投資についてはほぼ毎年一定額を出す必要がありますし(それが出来ないと老朽化が進む)、「収益性」で京成を買収するのは無茶だといえるかと思います。「公共交通」としての使命を持って経営に当たっていただけると確約するなら、問題はさほど少ないかとは思いますが。

…ただ、ライブドアが買収するとますます「親子孫逆転」という図式になりかねないと思うのですが…。その辺はどう考えているのでしょうか。まあ、「タブロイド氏」の話だし、話半分でいいんじゃないですかね(笑)。

○女性専用車の話
関西では結構定着しましたが、関東ではまだまだ浸透していない女性専用車。
女性専用車について賛否両論ありますが、個人的には賛成しています。…やはり、痴漢がいる以上はそれを避けたい、という気持ちも分かりますからね。

問題としては、「誤乗」「男女平等」「混雑」などがあります。誤乗については、「女性専用車」と明確に分かるサインを置いておくことが重要でしょう。どの時間帯にどの車両が女性専用車になるか明確にしておくことで対応すればよいと思います。
男女平等の問題。個人的には「痴漢」という犯罪者がいる以上、その被害から身を避けるための「現状での最大の対策」であると思います。ちなみに、「女性専用車に乗らない女性」に対する考え方について、余計な想像をしているようですが、その時点ですでに問題ではないかと思うんですけれどね。
混雑率の問題。女性専用車に比べると他の車両の混雑が目立つ…ということについて。実際に状況を判断しながら運用を決めていってほしいのですが、利用する男性側にも配慮が必要だと思います。
女性専用車の問題は、ほかの「女性優遇サービス」とは異なる次元の問題だと認識する必要があります。現に被害に遭われている方もいらっしゃるわけだし、そういう方々のことを考えると、導入する必要性は現状ではあるような気がします。

最後にRailSimの話。
wiki導入も、その内容を構築するに当たっては様々な問題があるようです。まあ、内容を1から整備していくうえで、製作者(特に私よりも技術がある方々)の協力は必須だと思います。仮に、「その文章が稚拙」であるならばその文章を再構成・訂正して2版・3版を製作していけばよいだけ…だと思うんですけれどね。そのためのRailSim公式wikiだと思うし、よくするためには一人一人の協力がいると思う…。せっかく「よい方向」に向かいだしているんだし…。

そんなわけで、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
編集 / 2005.05.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
89位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。