スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
秩父鉄道ざんまいの日。
カテゴリ: TransprtNetwork特集
いやあ、昨日は久しぶりにクリティカルヒットだった。

そんな訳で私、昨日は秩父鉄道に行ってきました。…今年2回目ですよ(笑)。
まあ、目的は「全部」と言っても過言ではなかったのですが、予想以上の成果をおさめたのでした。

とりあえず、ことの顛末をダイジェストで。
※ 写真、別途掲載します。しばしお待ちを。


朝は拝島経由で寄居へ向かう私。高麗川の乗り換えが「接続0分なのに別ホーム」というさすがはJR東日本、って思いながら乗り換えたわけです。

寄居で少し待ってから熊谷方面へ向かう電車に乗車。
やってきたのは黄色い1000系。しょっぱな、これです(笑)。

で、これに乗っていきなり会場に行こう!と思ったものの、どーせ場内にいるのはゆっくりとればいいし、それよりかは会場直通の7000系の回送でも撮影しよう、と思った私。撮影場所を乗りながら探した結果、ひらめきで「小前田」で下車。

次の定期列車までの間に2本三峰口方面行きがやってくるので撮影場所を考えた結果、結局駅構内にすることに(苦笑)。
1本目は1000系のオレンジが登場。これの撮影のおかげで、1000系国鉄カラーは全部撮影が済みました。

で、2本目に何が来るかなあ、と妄想していたら、定期列車の時間じゃないのに踏切が鳴り始めまして。何事かと思ったら7000系登場。しかも、3番ホーム入線(苦笑)。

ただ、ここで時間調整のためかしばらく停車(寄居の2つ手前で、臨時列車は寄居始発。駅のキャパシティを考えると、ある意味妥当なのかも)。その間に一人撮影会ですよ。
しかも、何か行き先表示に手間取っていたらしく、種別に「臨時」行き先に「広瀬川原」を表示しようとしていたものの、どう頑張っても行き先に「臨時」しか出せない、という始末。その結果、なぜか「急行広瀬川原」だの「臨時」だの表示させまくりまして。いやあ、楽しかった(けど、乗務員の方は焦ったんじゃないかなあ?)。ちなみに、行き先表示に「展示列車」って表示が出来るのも、ここで知りました(笑)。

2本目にやってきたのはレギュラーカラーの1000系。旧塗色に塗り替えする編成が後1本あることを考えると、実はこれからは貴重な存在とか。うーん、そうかあ。

続く羽生ゆきは5000系。
ここで急行の交換待ちとのことで、さらに6000系を撮影。

そんなことをしながら、会場に向かったのでした。

ひろせ野鳥の森。普段はきっと閑静な駅のはずですが、この日はまあ、しょうがないですよね。イベントですから。

ということで、のんきに歩きながら会場へ。失敗したのは、会場への移動中に1000系ウグイスカラーが入線してきたこと。撮影しとけば良かった、とか。

場内。まあ、例年通りの展開。
機関車が3種類+茶色いデキ101+パレオエクスプレス用のデキ201。
ちなみに、停車中の7000系&1000系が今年の目玉のようですが、一部で噂されていた1000系の秩父鉄道旧塗色が工場内でほぼ完成しておりまして(ちなみに、一応は予想通り…笑)。しかも、案外しっくり来るんですよねえ。このカラーリング(京急1000形のリバイバルカラーよりも…笑)。
ちなみに、入れ替え用(?)のディーゼル機関車がいたよなあ、と思ったのですが、今年は見かけませんでした。

ちなみに、この日のお買い物。
・硬券つかみ取り(うん、そこそこの量かな)
・銚子電鉄のダイヤグラム+運転関係の報告書類など。
・東武50000系チョロQ(いろんな乗車記念証などなどのおまけ付き)
・広瀬川原からのきっぷ。

ひろせ野鳥の森駅周辺で1000系スカイブルーを撮影し(微妙に失敗している辺りが、ねえ)12時20分頃の羽生ゆきで熊谷へ。電池などの消耗品の予備を買い込んでから、羽生まで向かい全線クリアー。もちろん、鉄道むすめGPSスタンプラリーも制覇。
羽生から新郷へ戻り、広瀬川原からの臨時列車などを撮影。

定期便1本目は1000系レギュラーカラーの羽生行き。羽生駅を目前とすると、さすがに「羽生に向かった電車が帰ってくる」だけになるので、「ドキドキ感」はややうすれますが。
臨時便1本目は7002Fの羽生行き。なぜかこの日、7001Fは広瀬川原で見ただけの状態に。…あそっか。私の場合、多部未華子さんより夏帆さんだったからね(分からなければ気にしなくてよし)。
7002F通過後、すぐに先ほどの1000系レギュラーカラーが通過。
続いてやってきたのは定期便1000系(黄)の羽生行き。
そして、7002Fの回送が通過。うん、このまま広瀬川原に帰ると思うよなあ。

臨時便2本目は先ほどの1000系のウグイスカラー。
その直後、1000系(黄)が熊谷行きとして通過。さらに続けて羽生行き1000系レギュラーカラーが通過し、その後、1000系(うぐいす)が回送で通過。

うぐいす色の1000系まで撮影したので、新郷に戻って秩父方面へ移動開始。
ところが、まず隣の武州荒木で止まっている対向列車が、先ほど回送で通過して車庫に行ったはずの7002F。…あれ?
そして、持田で1000系スカイブルーと行き違い。「後で撮影出来るかなあ」と思ったら、この列車の折り返しは熊谷ゆき、ということが判明。さーどうする。

そして、熊谷駅を見ると、1000系のオレンジ・うぐいす色・黄色が車庫に。
で、さっきの1000系スカイブルーは熊谷行き。…あれ??

ということで、熊谷から持田に一旦戻ってからスカイブルーの1000系を撮影。
そして、熊谷どまりの1000系は見事に留置線待機に。

結果、熊谷駅には1000系の国鉄リバイバルカラーが4本並ぶ、という軽ーいサプライズが。
…恐れ入りました、って展開ね。

熊谷からは秩父方面へ。すでに17時を回っていたこともあり、会場内はほぼ撤収が完了していました。そして、その後はなんか武川を越えた辺りから記憶が怪しくなり、気づくと長瀞の辺りで女装した男性が乗ってきまして。
「一体なんじゃこりゃ!」
と思った私。最近はそういう格好でキャンプをするのか、と思っていたらどーやら違うらしいです(どっかの学校の徒歩遠足らしい。うーん、複雑な心境だわさ。どんな意図なんでしょうね)。

熊谷から約1時間。秩父で下車した頃には、小雨が舞っておりました。今回、幸いなことに雨にふられずに済んだのは、普段の行いのおかげかなあ、とも思うんですが、その一方で「なんでいつも天気がよろしくないかなあ」と思ったりもして。
時間も時間なので、西武秩父から飯能へ抜け、飯能から青梅へ向かうバスに乗ることに。ところが、飯能〜青梅のバスがまあ本数が少ない。下手したら終車が19時頃になくなっちゃうんじゃないかなあ、ということで、やや慌て気味で飯能へ。ところが、バスの終車は20時16分。まだ余裕があったのでした(笑)。

秩父〜飯能が約40分。秩父線に乗るのはおそらく2度目(1回目は約8年前の秋)。
乗って思ったのは、「こういうところの自力で路線を敷くのは大変だなあ」と。

さて、飯能からは東青梅行きのバスに乗車。
前々から目を付けていたバスではあるのですが、今回初めて使うことに。なので、時間とか全く読めず(苦笑)。
飯能の市街地を抜け、しばらくすると都県境を越え、岩井堂というバス停を通過。
飯能からのバスは一部岩井堂どまりの設定があるのも納得なのですが、この辺りってもしかすると青梅よりも飯能の方が近いのかなあ、とか思った私。飯能の方が栄えてる気がするしね。

バスはさらに進んでいきますが、「小曾木」「黒沢」という集落はかなり田舎な感じ(「田舎に泊まろう!」に出てきそう)。所々商店が数軒集まる集落の中心はあるのですが、コンビニがほとんどなかったような気が。
最初は私含め7人いた乗客も、岩井堂の段階で2人に。残る一人も黒沢神社でおりていきまして、後はずっと一人。まあ、昔乗った「花敷温泉〜長野原草津口駅」のJRバス(現在は廃止になってしまったらしい)はずーっと一人だったのを考えると、まだいい方かもしれませんね。

東青梅駅で下車。うん、帰ってきた感じ。

今回の収穫。
・秩父鉄道の写真。
・飯能〜東青梅間のバスは意外と使える(全線で約25〜30分くらい)。
ってなところ。

特に、西武バスはなかなかで、始発の時間を見たら7時19分東青梅駅発ってのがあるので、8字には飯能駅につける。そうすると、9時には秩父に行けるなあ、とかね。あとはとにかく撮影できるし。

そんな訳で、写真は早ければ今日の夜にサイトの方で公開予定です。
…そんなわけで、よろしくどうぞです。
スポンサーサイト
編集 / 2009.05.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
102位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。