スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
鉄道むすめのコミカライズ版を読む。
カテゴリ: そのほか・雑記
ただいま、ちょうど京成電鉄中山ゆかりのキャラソンを聞いております。
鉄道むすめと縁が出来てからもうすぐ2年を越えるんですが、すっかり「趣味の一つ」として定着しております。Vol.7を買いそこねたのは秘密ですが(苦笑)。

そんな私、今日は秋葉原の有燐堂(ヨドバシカメラの上にある。ちなみに、1階にはすしざんまいがある…)で本をかってきました。27日に発売になった鉄道むすめのコミカライズ本なのでございます。

今日はちょっと、番外編。


「鉄道むすめ~TerminalMemory~」
昨年秋にはニンテンドーDSでゲームになるわ、テレビドラマになるわでちょっとしたブームを巻き起こした(ような気がする)鉄道むすめ。昨年夏頃から電撃大王でコミック化されておりました。その単行本だそうですよ。

で、なぜわざわざ秋葉原の有燐堂まで行ったかといえば、「描きおろしメッセージペーパー」が配られるとのこと(詳しくは鉄道むすめの公式サイトへ)。しかも、会社ごとにデザインが変わるという素敵なシステムを採用されておりまして、イラストをにらめっこしていたらどーやら有隣堂で配ってるやつが鷹野みゆきらしいと(ある意味「意地」になってる…笑)。
かってきたらまあその通りですよ。きゃっ(笑)。

さて、このコミックでは外川つくし@銚子電鉄、久慈ありす@三陸鉄道、そして鷹野みゆき@広島電鉄の3人が登場、それぞれ2話完結のお話になっています。
私、秋葉原から会社までの総武線の車内で読んでたのですが、ドラマ版のときに感じた違和感が全くなく読み進めることができたのが一番印象深かったです。
お話としては結構読み応えがある作品で、個人的には「おー」と思ったのでした。
(ドラマ版の「中山ゆかりの巻」の評価が私のなかで「最低点」を記録していることを考えると、評価が高いですよっ!)

このお話の舞台のうち、銚子と広島は訪ねたりしているので雰囲気とかを思い出したりしますが、そこら辺の再現もばっちり出来ているのは良かったです。
(個人的には、広島編の後編はなかなか鋭いところまでせまっているのはうれしいかなあ…とか思ってマンガを見てたら、広島で1カ所ツッコミを…あ、いや、なんでもないです)。

こないだのTVドラマ版が、いまひとつ入り込めなかった理由。
アニメ化となるとまた分かんないけど、CDドラマとキャラクターソングでイメージ付けされているのとギャップがあったからかなあ、と。あともう一つは変にシリアスすぎること。
(なんだろう、前も書いたかもしれないけど、「お話に統一感がない」のもあったんだよなあ。オムニバスっぽくするにしても、ドラマだとそれぞれのつながりとかが別にない設定だと思うんだよね。うまいなあ、と思うのは、私なんかは出版社の記者が取材に来る、って設定が「それぞれのキャラクターどうしのつながり」を作ってると思うのですよ。ドラマ版の監督がキャラクターごとに異なっていた、というのはあるかもしれないけれど。アニメ化する時は、個人的にはコミック版+CDドラマ版+小説版の方向をベースに話を作ってもらえるとうれしいなあ。…ある種の、「原作→実写化」でうまく行かなかったケースなのかも)

いやあね、コミックは私、大満足ですよ。

でだ。
巻末にスタンプ帳があるんです。
銚子、広島、三陸…それぞれの場所に行ってスタンプを押してこよう!期間は8月31日まで!

…夏休みに行きますか、青春18きっぷ買って広島に。
(6月は無理だもんなあ…行けて銚子かなあ)

まあ、それはちょっと隅っこに置いておきまして(笑)。
折角コミックまで出たことだし、個人的にはアニメ化してほしいですねー、そろそろ(笑)。
そんな訳で、ぜひ買っていただきたい。…そして、アニメ化にちょっとでも近づいてほしいのでございます。ねっ、こないだのようにU局6局だけとか寂しいこと言わないような放送局の数でぜひ…そのためには、制作費出してくれる会社、手を挙げて!(笑)

まあ、うちらはまず、買いましょうよ。鉄道むすめ。
よろしくどうぞです。

<おまけ>
コミックによると、MATSUDA98先生も、「鉄道事業者チェック」という名の洗礼を受けちゃったご様子。キャラソンの時のゆうまおさんと同じ「洗礼」を受けているんだなあ、と妙に納得しちゃった次第。鉄道モノは、チェックを入れだすときりがなくなるんですかねえ(笑)。
スポンサーサイト
編集 / 2009.05.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
92位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。