スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
年に1度のお楽しみ。
カテゴリ: TransprtNetworkコラム
本当は、ライトレールに関する話をしようかと思ったのですが、文章がまとまらないのでこの話は後日、ということにしました。

で、今日は「年に2日」必ずやって来るニューなのはなの話。


青梅線の撮影場所の「定番」のひとつが青梅~宮ノ平間にある山根踏切。何か珍しいものが走るたびにここに人が湧くというくらいの「定番」(笑)。まあ、今回はここのところ毎年運行されている「定番の」臨時列車となっているので、そんなに酷くはなかったのですが。

さて、今回のメインは「ニューなのはな」なのですが、7月から運行を再開した「四季彩」ニューバージョンの撮影がまだだったので今回ついでに撮影してくることに。
四季彩の運行ダイヤは指定されています。そのため、どのタイミングで来るかはすぐ把握できるのですが、その時間は「ニューなのはな」通過の1時間前。…1時間も炎天下にいるのかあ…と思ったんですが、とりあえず早めに向かうことにしました。

今回はやはり(?)人影もまばらだったので余裕を持って撮影してくることができました。まずは「四季彩」から。
20050820181454.jpg

左側の木は梅の木。春になると花を咲かせます。まあ、そのうちそういう写真を紹介することになるんじゃないかと思いますが(笑)。
ちなみに、この場所を訪れるのは4~5度目くらいなのですが、季節が違うことなどからそのたびに違った姿をみせてくれます。緑がまだ多く残っているからこそ、「季節感」が出るのかもしれませんが。
20050820181526.jpg

一方、ニューなのはな。ちなみに、あえて後追いの写真を載せていますが、まあ…ね(汗)。なんだったら明日もう一度行ってこようかと思います。

ちなみに、この踏み切りの前後は坂になっていて、手持ちで水平を確保するのは大変です。その点に気をつける必要はあります。
もっとも、せせらぎが来たときはまともに撮影できたことを考えると…気をつけましょうね(苦笑)。
スポンサーサイト
編集 / 2005.08.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
102位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。