スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
明暗分ける?茨城の私鉄。
カテゴリ: TransprtNetworkコラム
4月になったのに、未だにいけていないひたちなか海浜鉄道。毎週末、日曜日に運行されている旧型車両を見に行きたいよお、と思いつつも、休日もままならない上に財布の中身もないとなると行く機会すら失われそうですよ。…これ、「ウルトラC」使わないといけない気がする(滝汗)。

そんなひたちなか海浜鉄道、無事2年目を迎えたそうで、毎日新聞に記事が出ております。
でね、何か「既視感」を覚えたのです。そんなお話。


ひたちなか海浜鉄道:再出発1年 年間利用見通し、6%増の75万人」<毎日新聞茨城版、4/2>

1年目は様々な協力を得て利用客が増加とのこと。記事の中で社長さんは「2年目が勝負」とも語っております。
(ちなみに、ひたちなか海浜鉄道の公式ページ内のブログがよく更新されていて拝見するのですが、昨年度後半によく「ツアー利用客が」という話が出ていて、茨城交通時代と異なる展開をみせているなあ、と感心しております)

気になったのは記事の後半、小見出しが「レトロ路線ヒット」という文字。

お亡くなりになってもう2年経ちますが、鹿島鉄道も似たようなもんだったなあ、と。
(沿線の観光地とか、そういうのがあったかどうかとなるとまた微妙ですけど)
もしかすると、乗客を増やすためのポイントは、「営業力」かもしれないなあ、と。鹿島鉄道の場合、もしかすると事業者の中での「モチベーション」が低かったのかもしれないなあ、なんて思ったりします。
(うーん、それとも、営業が利用増に結びつかなかったのか…今となっては、ね)

…なかなか、フリーきっぷと休みと私の財布の中身の兼ね合いが取れず、すっかり行く機会を失いつつありますが、これ優先順位あげないと行くタイミングを逸したままになりそうな気がしてきました(苦笑)。来週、行けるといいなあ…仕事片付かないかなあ(って他力本願な私…)。

いつも、鉄道を残すためのキーワードが鹿島鉄道には潜んでいる気がしているんですね。「失敗から学ぶこと」と言ってしまっては申し訳が立たないのですが、そこから学び、少しでも「線路がなくならないように」していかなきゃいけない、と思うんですよね。
(と言いつつ、仕事になるとそれとの共存が図れないケースもしばしば。結構辛いですよ、ええ)

…今年中に行きましょうね、ひたちなか海浜鉄道。
出来れば準急色の気動車が走っている時に…ねっ。

(4/3 18時半頃追記)
アップした後に気づいたのですが、「鉄道むすめ」でおなじみのトミーテックさんの商品「鉄道コレクション」の第10弾が気動車シリーズになるそうです。いつも読ませていただいているブログ「地味鉄庵」さんによると、公式発表こそまだであるものの(何せ、数分前まで「トミーテックのサイト」を見ていた私が気づかないんだもん)、第10弾のラインナップが「気動車」、しかも国鉄キハ04形と湘南型の正面を持つ気動車になるんだそうで。
で、通販サイト(「鉄コレ 鹿島鉄道」でググればいいさ♪)によると、東武キハ2000形や国鉄キハ04形に混じって、鹿島鉄道キハ430形や関東鉄道キハ411(鉾田線在籍、末期は常陸小川の保育園に保存されるも解体)が入っているではございませんか。
(あと、何かやたら新潟交通が多い気もする)

これさあ、あたいに「語れ&買え」って言ってますよね(笑)。発売は7月頃みたい。

正式発表の折りには、ばんばん語っちゃいましょうね。
そんな訳で、よろしくどうぞです♪
スポンサーサイト
編集 / 2009.04.03 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
92位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。