スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【鉄むす】鉄むすキャラと活性化について。
カテゴリ: 鉄むすガイド
うちのマイミクさんが気になるブログのアドレスを教えてくださったので、読みながら「キャラクターを用いての活性化」についての話をいろいろ書いてみようかな、と。
ただ、もう「どこでやってるか」の話は皆さんご存知ですし、今日言いたいのはそこではなく「なぜ」の話をしようと思うので、あしからず。

○「なぜ」鉄道むすめなのか?
個人的には、「鉄道趣味=硬派」という考えがずっとあったと思うのですよ。女性が参加するなどもってのほか、みたいな空気が。多分、鉄道趣味歴が長くなればなるほど、その意識が強いと思うのですね。
ただ、個人的には10代~30代を中心とした世代に近づくと、「アニメ」に対する抵抗が低いのではないかなぁ、と思っています。つまり、鉄道趣味とアニメ趣味を兼ねている人が「鉄道むすめ」に対して興味を示したのではないかと。
(個人的には、必ずしも「鉄道むすめ好き」が鉄道に興味を持っていないかと言えばそんな事ないし、逆にそれによる集客効果だってあると思う。その辺り、読みが間違っているかなぁ、と思った次第。大手私鉄だと微々たる効果かもしれないけれど、中小私鉄だと如実に現れる、それくらいの規模かな)

効果その1:「乗る」楽しみの提供
個人的には、鉄道むすめのキャラとイベントを組み合わせる事で「乗る楽しみ」を加える事が出来るかな、と。それはそのまま「運賃収入」と直結します。
(ずっと他社のイベント列車とか見たりしてるからこそ思う事ですが、「鉄道撮影」しかしない人にはイベント列車は撮るターゲットなんだけど、撮る行為自体に収入を得る事が出来ない、と。下手したら移動は車、って人もいる訳だし。それに比べるとよっぽどいいことではなかろうかと)
外見に手を必要以上に加えず、「中身」を充実させる事が大事かな、と。

効果その2:「注目」を集める事の大切さ
何かをやっていても、それに目を向けてくれるには何らかの形で「宣伝」を打たなければなりません。
しかし、普通の事をやっていても、注目はしてくれないだろうな、と。「鉄道むすめを用いた鉄道活性化」という意味では、通常のニュースソース意外でも注目を集める事が出来たのではないかな、と。
その中の一部でも、鉄道自体に興味を持ってもらえたら、それは大きなポイントではないかと。
(地元の人が普通に注目しているだけでは、それは「内輪受け」で終わってしまう訳ですが、そこに「外からの注目」が加わるだけで大きく変化するのと同じ。「海外で爆発的ヒット」って銘打つドラマとかが多いのはそういう事でもあるとおもう)

☆「対外的注目は第1段階にすぎない」
しかし、最終的には地元で利用していく人を減らさない(むしろ増やす)努力が必要になります。そこで、それら「鉄道むすめ」で得た注目などの宣伝効果・収入があるうちに、利便性向上への施策を行う必要があります。「鉄道むすめ」は恒常的に利用するとしても、それだけで終わらしてしまうのはもったいないぞ、と。
(脚注;それを一番言いたい街があるのだが…笑)

【結論】「鉄道むすめ」はきっかけの一つである!
忘れちゃいけないのは、「最終目標は街・鉄道の活性化」であり、その「きっかけの一つ」として鉄道むすめを用いている、ということ。まあ、あの手のキャラは好き嫌いが絶対出るし(萌え+鉄道、ってのに拒否反応を出す人が少なからずいるのもまた事実)、その辺りは仕方ない事ではあると思う。
ただ、短期での利用者・収入の向上にそれらを用いる事は間違いではなくて、それらによって「手をこまねいている」よりはよっぽどいいのでは?と思うのです。
(鹿島鉄道の案件よりはよっぽどいい活性化策だと思うもの)

まあ、1年前の記事だから、そこはまだ条件が整ってなかったから読めないところもあったと思うので、そういう認識もあったのかなぁ、と思いつつですが。

~~~
実は、その「鉄道を利用してもらう」とか「地元の商店を利用してもらう」には、地元の気合いが見られなければいけない、というのは確かなのですよ。しかも、方向が一致していて、商店街の皆さんのやる気がものすごくなければダメ。一部分だけが盛り上がっていても、街全体に波及しない。
(もうさ、石岡と鹿島鉄道の件が心から身にしみてるんだってば!)

栗橋と栗橋みなみの関係もまたしかり。個人的には非常に心配しておりますよ。
実は、「ハード面」はそこそこ整備されていても、実際の「ソフト面(=売り物)」が非常に弱い。商売に対して気合いがあるところとないところの差がはっきりしている。それは非常に問題ではなかろうかと。
別にグッズを作ってもいいけど、ちゃんと「商品価値のあるもの」にしてほしいとか、売り方・宣伝の仕方等々個人的にはまだやれることがあると思っているところ(今から商工会を乗っ取りたいくらいな…そう書くと通報されちゃうのかしら:笑)。
乗っ取るは大げさにしても(そりゃそうだ)、なんかサポートしていきたいよねぇ。
(ということで、秘策を準備中。解禁になったらまた紹介しますね)

あ、栗橋に関する大事な結論書き損ねた。
栗橋に関して言うと、個人的印象からは「街・地域の活性化」だとすると、
第1ステップ:栗橋「外部から」集客する
第2ステップ:栗橋「内部から」集客する
第3ステップ:栗橋内部に新しい店舗が増える
第4ステップ:自然と魅力的な街になる。
というステップが必要ではないかと。
ポイントとしては、「街が外から注目されている事」を地元の人に気づいてもらう事が大事。

おっと。書いてて見えてきた(笑)。
つまり、「栗橋みなみを用いた商品」=「地元の住民にも価値のある商品として提供できる自信があるもの」にも出来なければならない!
(そうすると、単純に「ラベルだけ張り替えたでしょ」とか言われても言い返す自信のある商品になるのでは??お~!)
※ ちなみに、斉藤茶店の「のり大好き」は、ラベル自体は張り替えたものですが(ラベル違いでも値段は同じなのです)、韓国海苔の風味が好きな人には心からお勧めできます。要はそういう事だ。

あ~これは重要な事として伝えなきゃいかんだろう!(笑)
そんなわけで、最近無駄にいろんなところに手を出している最近の私、転職フラグも立ちつつありますし(笑)、なんとかして行きたいなぁ、とおもう次第です。

そんなわけで、今日の考えは以上。そして、ちょっと頭痛が止まらない。
スポンサーサイト
編集 / 2010.11.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【声優】恋愛観とファン心理の関係。
カテゴリ: 鉄むすガイド
うん、約1ヶ月前にこちらが栗橋みなみ夏祭りでがんばってるときに、中の人の平野綾さんがフジ系の番組にいろいろ出てたじゃないですか。ね、そっちに出るならこっちにも来てほしいわ(笑)と思う心を差し置いて、恋愛観云々の話。

実はその問題となってる「グータンヌーボー」とか見てないので具体的な内容は知らないので、総論として書く事にしますが、結論から言っちゃえば「ファンとして好きなら、恋愛観云々とか正直どうでもよくないか?」と思うのですよ。
平野さんが今恋愛してようがしてなかろうが、そのことで仕事に対する質を下げていないなら(声優であるのだとしたら、そこに恋愛要素は関係ないと思うし)、まったく問題ないと思うんですよ。
興味としてあるのもわかるし、一種の疑似恋愛のような感覚に陥るのもわかる(実際に私も平野さんではないのですが、そう思った事もあるし)。同時に、そこに「失恋」という感覚にならざるを得ないキーワードが入ってきて、そういうショックを受ける事もあると思う。
だけど、ベースにあるのが「声優・平野綾が好き」という事なんだとしたら、ショックは受けてもいいけど(片思いの感情だし、そこは仕方ないけど)、それで嫌いになったりするのは筋違いだとは思う。

まあ、実際問題私もありますよ、そういう「ファンとして好きだった人が結婚したり恋愛してたりする事例」って(いのくちゆかさんとかね…笑)。
実際問題、軽いショックはありますよ。だってさ、「疑似恋愛状態」になるもん。さすがに「結婚できる!」とは私は思わんのですが(笑)。
ただ、だからといってその人全体を否定する理由は無いし、その人のファンでいて、応援する気持ちは全く変わらないのですよ。
(私が「何かを嫌いになる理由」は、たいてい「誰かが私を完全否定する行為」に出たときだけだから)
それを考えると、別に騒ぐ事じゃないし、その人の活動を温かく応援する事に代わりはないんじゃないかなあ、と思うんですよねぇ。

ほら、一部では「アイドルは恋愛しません!」みたいな話もあると思うんですよ。これも一理あるとは思うんだけど。ただ、声優さんだって一人の人間ですから。いろんな人間経験が役づくりに生きると思うんですよ、きっと。
(だから、個人的にはそういうので騒ぐ事は不思議だなぁ、と。きっと「恋愛対象としていつかは見てくれる!」と思っているのだとしたら、それは何かの間違いのような気はする。そんなことそうそう起きないと思うもん。そういう風に思っているのだとしたら、もっと身近な人にすきになってもらう努力をした方が、恋愛は出来そうな気がするなぁ…笑。ま、私が(そういう努力を)出来てないんだがなっ!)

平野綾さんのファンじゃない人も、一瞬「自分のごひいきの声優さん/アイドルさん」に置き換えて考えてみましょう。ゆかりんとかね(笑)。私は一瞬驚くと思うけどね~(あと相手によるんじゃないかな)。でも、結婚したからってその人が突然変わる訳でもないと思うしなぁ。
(結婚したら、突然「低い声しか出ません!」って言われたらさすがに「声優としてダメじゃね?」とは思うけど、それは無いじゃない)

ということで、恋愛くらいで敏感に反応している場合じゃないと思うなぁ。
(あと、意外と今のファンが心配しているのは「声優」という肩書きを持った平野さんじゃなくなるかもしれない、ってところだよねぇ。個人的に「声優」ってのを軸にして活動を進めた方がまだいいような気もする。まあ、本当の平野さんのファンだったら、肩書きなんかどうでもいいんだろうなあ、とも思うんだけどねぇ。ひとついえるのは、「声優という肩書きを黒歴史だと思わない事」かな。事務所はともかく、本人は大丈夫だと思うんだけどね)
…ってなわけで、お前誰だ!?ってまとめになりましたが、ファンなら小さい事でがたがた言わない!ってのが私の結論でございます。
編集 / 2010.08.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【京成・北総】値下げ活動だけじゃ意味がない。
カテゴリ: 鉄むすガイド
先日ニュースになった「北総線運賃」に関して、国を訴えた、という件について軽く。
(最初はものすごく分析して書こうと思ったんだけど、うまくまとめきれなかったのが半分と、もう一つは「どれだけ書いても、おそらく両者は平行線のまま」だと思ったのですよ。だから、軽く)

個人的に簡単にまとめると、「値下げ活動をする」こと自体に異論は無いのですよ。安くなるんだったらそれにこした事は無いと思うので。だけれども、果たして「国に訴える事」や、株主総会でチラシ配りをする事だけでいいのかどうか。
鉄道会社からしてみれば、「増収にならない業務」に手を出したがらないのは企業として当然の事で、値下げという「減収要因にしかならない」事柄に対してすぐ「はい」とは言えないと思うのですね。

ましてや「天下りが~」とか言ったら、向こうの態度は硬直するに決まってるじゃないですか。
現状を考えると、どう見ても「企業vs住民」の対決構造にしか見えず(こういうのを「噂の東京マガジン」が取り上げるとよけい質が悪くなるんだよなぁ…笑)、個人的にはいい状況ではないと思うんですよねぇ。

結論として、今千葉ニュータウンの皆さんがしなければならない事は、「増収策と値下げ活動」を同時に行うこと。ちょっとくらい運賃が高くても住みたい、と思う街じゃないから引っ越す人がいる訳だし(つとめの場合は支給される定期券に関しての問題もあるけど)、単純な「値下げ運動」だけではなく、その街の魅力を高める行為を同時に行っていってほしいと思うのです。
(値下げのやり方だって、今のような一律値下げだけじゃなくって(市民税を他地域に住んでいる人にも還元している形になるのは、まずいかな、とおもうケースでもあるので)地元の沿線住民にしぼる、という形もあるでしょう。いずれにしても、「社会実験の一環であり、一定の成果を生んだ場合は事業者に対応を求める」くらいの姿勢で臨んでも良いのではないでしょうか?それなら、異論はないのですが)
値下げを求める行為は現状、会社が黒字基調でありかつ、廃止になる要素がないからできる事である、というのを忘れないでほしいと思います。今の「事業者vs住民」の対決姿勢のままでは、いい結果は全く生まないと思います。

ピンチなんだけど、実はチャンスでもあります。千葉ニュータウンの町づくりと鉄道の位置づけを見直すチャンスだと思いますので、もう少し広い視野で今回の問題にあたっていってほしいと思います。
「値下げ活動だけじゃ意味がない」。これが私の結論です。
編集 / 2010.08.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

広報部長

  • Author:広報部長
  • 気づけば、鉄道むすめと出会って早4年ほどになりますが、まさかここまでどっぷり浸かることになるとは思ってませんでした。函館行っちゃったし。ってなわけで、鉄むすと声優さんと鉄道が趣味の管理人でございます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
1673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
鉄道
116位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
広報部長のつぶやき。
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。